ニュース
» 2015年09月01日 21時30分 UPDATE

きれい、カンタン、ちいさい:フラッグシップ機の売りはモノクロ写真!?――エプソンのカラリオ新モデル発表会 (1/2)

ブランド制定から40周年を迎えたエプソンが「カラリオ」の新ラインアップを発表した。新インクの採用により、フラッグシップ機の売りはモノクロ写真印刷だという。PCいらずの年賀状プリンタもフルモデルチェンジで使い勝手が向上した。

[山口恵祐,ITmedia]

プリンタだけにとどまらない、エプソンの事業展開

 エプソンは9月1日、年末の年賀状シーズンに向けて個人向けインクジェットプリンタ/複合機の新製品5機種7モデルを発表した。同日に都内で開催した発表会では、新製品の特徴や販売戦略の説明、新機種の展示などが行われた。

カラリオ新モデル セイコーエプソン 取締役 プリンタ事業部長の久保田孝一氏(左)と、エプソン販売 代表取締役社長の佐伯直幸氏(右)

 今回発表されたのは、「カラリオ」シリーズの複合機が3機種(カラーバリエーションを含めて計5モデル)、年賀状プリンタが1機種、「プロセレクション」シリーズのA3ノビ対応フォトプリンタが1機種で計5機種7モデルだ。2015年9月10日より順次発売となる。各機種の概要については以下の記事を参照いただきたい。

カラリオ新モデル 2015年はカラリオ4機種とプロセレクション1機種をラインアップする

 発表会冒頭のエプソン販売 代表取締役社長 佐伯直幸氏によるあいさつでは、4つの事業領域「プリンティング」「ビジュアルコミュニケーション」「生活の質向上」「ものづくり革新」に対して、「マイクロピエゾ」「マイクロディスプレイ」「センシング」「ロボティクス」といった、同社のコア技術を生かした活動を展開していくと述べた。

カラリオ新モデルカラリオ新モデル 4つの事業領域に4つのコア技術で展開する(写真=左)。セイコーエプソン インクジェットプリンタのコア技術である「マイクロピエゾ」(写真=右)

 さらに佐伯氏は「今年の1月から従来のプリンタに加えて、ウェアラブルといった新しい事業領域の商品を投入している。これらの商品も一歩一歩育てていきたい」と、新規事業への意欲もアピールしつつ、1975年にエプソンブランドを制定してから40年を迎えたことに触れ、「さらなる驚きや感動を皆様にお届けするという決意を新たに進んでいきたい」とコメントした。

今回のフラッグシップは“モノクロ写真印刷”にも強い

 今回の新製品については、セイコーエプソン 取締役 プリンタ事業部長の久保田孝一氏が説明した。2015年の個人向けプリンタは、ユーザーの声とニーズを受けて「写真とテキストの画質向上」「簡単操作の強化」「スマートデバイス向けアプリの高機能高画質化」という3つの製品戦略を掲げたという。

カラリオ新モデルカラリオ新モデル ユーザーのニーズ(写真=左)を受けての、2015年個人向けプリンタの製品戦略(写真=右)

 1つ目の「写真とテキストの画質向上」については、従来の6色インクに採用していたライトシアンとライトマゼンタを、グレーとレッドに変更した新インク「Epson ClearChrome K2」を新たに採用したことを紹介した。

カラリオ新モデルカラリオ新モデル 特色インクのグレーとレッドを採用する(写真=左)。「Epson ClearChrome K2」のパッケージ(写真=右)

 グレーとレッドの特色インクを採用することにより、モノクロ写真印刷ではシャドウからハイライトまで滑らかな階調が表現可能になり、さらに赤や緑、黄の色再現範囲を従来機に比べて10%拡大することで、花や緑の被写体を美しく再現できるという。

カラリオ新モデルカラリオ新モデル モノクロ写真印刷(写真=左)と、色再現領域の向上(写真=右)

 さらに、肌色は自然な色合いのまま全体を鮮やかに仕上げる「高彩モード」や、風景写真のおいて暗部階調性の向上を図った自動色補正機能「オートフォトファイン!EX」など、さまざまな写真作品づくりをサポートする機能を新たに搭載、強化している。

代替テキスト 自動色補正機能「オートフォトファイン!EX」

 写真だけでなく、文書のテキスト画質も向上。紙地の色を自動で消去する「背景除去モード」や「細線強調モード」「文字くっきりモード」などを備えた。

カラリオ新モデル 写真だけでなく、文書の質も向上した

 PCを使うことなく写真の選択から色編集、レイアウトができる作品印刷機能には、フラッグシップの「EP-10VA」のみ「モノクロ作品印刷機能」を搭載している。1つの写真で明るさやコントラスト、色調の設定が異なる複数パターンの写真を一覧表示し、実際の紙に印刷して仕上がりを確認してから本印刷が行える。

カラリオ新モデルカラリオ新モデル 肌色は自然な色合いのまま全体を鮮やかに仕上げる「高彩モード」(写真=左)。実際の紙に色調を一覧でプリントすることで、プリンタ単体での色編集が容易になるという(写真=右)

 また、EP-10VAはA3サイズの連続給紙にも対応。従来は1枚ずつ手差し給紙のみだったの対し、A3サイズの写真用紙は最高5枚、普通紙では最高10枚まで連続給紙ができるようにな進化している。

カラリオ新モデル EP-10VAは写真やカメラの世界をイメージしたマット系ブラックと、ヘアライン仕上げのボディデザインを採用し高級感を表現している

 4.3型液晶の使い勝手も強化された。画面いっぱいに写真表示が可能となり、撮影情報(Exif)の表示や、サムネイルのサイズ切り替えにも対応した。

カラリオ新モデル プリンタ単体で写真を印刷するといった場合の使い勝手が向上した

年賀状プリンタはフルモデルチェンジでさらに使いやすく

 2つ目の製品戦略として掲げた「簡単操作の強化」が分かりやすく具現化しているのは、PCを使わず簡単に年賀状が作成できる「PF-81」だ。2014年に発売された「宛名達人」シリーズ「E-850」がフルモデルチェンジしたモデルで、年賀状を原寸大で表示できる縦型の9型タッチディスプレイを採用、印刷結果をイメージしながら直感的に操作できるという。

カラリオ新モデル 「PF-81」の使用イメージ

 1000種類のデザインテンプレートや、15種類のフォントを内蔵し、ユーザーはテンプレートと写真を選ぶだけで簡単に年賀状を作成できる。

 この製品のターゲットはPC操作が苦手なシニア世代や、年賀状作成を自分で行い、普段は写真を簡単に印刷したい30〜40代の女性という。次に何をすればいいのか、といった使い方を解説する動画の再生機能、郵便番号枠の有無をチェックすることで、はがきのセットミスを判断する印刷失敗防止など、プリンタの操作に不慣れな人でも操作を迷わせない徹底的な使いやすさを追求したという。

カラリオ新モデルカラリオ新モデル 簡単なステップで年賀状が作成できる(写真=左)。多彩なデザインテンプレートを内蔵(写真=右)
カラリオ新モデルカラリオ新モデル はがきのセットミスを自動で判断できる(写真=左)。操作ガイドが呼び出せるヘルプボタンも備える(写真=右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.