ニュース
» 2015年09月21日 11時04分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:好みの部品が買い足せる「MasterCase 5」がアキバで話題に (1/4)

オプションパーツを複数そろえたクーラーマスターのATXタワーケース「MasterCase 5」が別売りアクセサリとともに登場し、多くの人をわくわくさせているという。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「望む構成にジャストフィットした住まいにできます」――MasterCase 5の評判

 先週末、クーラーマスターのATXケース「MasterCase 5」が新製品コーナーで注目を集めていた。複数のオプションパーツを加えて機能拡張できるのが特徴で、ベースモデルもシンプル構成のノーマルタイプと、左側面パネルを透明アクリルタイプに替えて、上部に水冷ブラケットとカバーなどを加えた「MasterCase PRO 5」の2種類を用意している。価格は順に2万1000円前後と2万5000円弱だ。

og_akibapickup_001.jpg TSUKUMO eX.の「MasterCase 5」コーナー

 MasterCase 5は電源ユニット下付けタイプのミドルタワーで、サイズは235(幅)×548(奥行き)×512(H)ミリとなる。拡張スロットは7本で、ノーマルタイプはフロントとリアに14センチファンを1基ずつ配置し、5インチベイと3.5/2.5インチベイ、2.5インチ専用ベイをそれぞれ2基用意している。

 別売りアクセサリは5種類。SSD増設ベイ(700円強)と3.5インチ2ベイ増設キット(2000円強)、同3ベイ増設キット(2500円弱)、水冷ブラケット&トップカバー(2700円弱)、透明アクリルサイドパネル(3900円弱)だ。

og_akibapickup_002.jpg 別売りアクセサリのボックス

 特設コーナーを設けているTSUKUMO eX.は「ハイスペックなSkylakeマシンを組む際の大本命になり得るケースですね。望む構成にジャストフィットした住まいにできますから、構成を考え抜いて組み立てる人にはかなりうれしい製品だと思います」と高く評価していた。

 BUY MORE秋葉原本店も「定番の位置に座れば、将来はオプションがもっと増えるかもしれないですよね。グラフィックスカードのガードとか、右側面用のパーツとか。ヒットした後に夢が広がるモデルなのは確かです。同じ気持ちのユーザーさんも多いと思いますよ」と期待を隠さない。

og_akibapickup_003.jpgog_akibapickup_004.jpg クーラーマスター「MasterCase 5」シリーズの価格表

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.