ニュース
» 2015年11月09日 15時01分 UPDATE

マウスコンピューター、Windows 10 Mobile搭載スマートフォン「MADOSMA Q501A」を発表

マウスコンピューターは、同社製Windows Phone 搭載スマートフォン「MADOSMA」の新モデルを発表。従来モデルからのアップグレードサービスも実施される。

[ITmedia]

 マウスコンピューターは11月9日、同社製Windows Phone 搭載スマートフォン「MADOSMA」の新モデルとなるWindows 10 Mobile搭載モデル「MADOSMA Q501A」の発表を行った。出荷時期は2015年内の予定で、価格はオープンだ。

 本体仕様はWindows Phone 8.1搭載の従来モデル「MADOSMA Q501」に準じる設計で、1280×720ピクセル表示対応5型IPS液晶を内蔵し、4G LTE ネットワークにも対応。新たにOSとしてWindows 10 Mobileを導入しており、最新ブラウザとなるMicrosoft Edgeなどの利用も可能となっている。

photo
photo MADOSMA Q501A


 また従来モデルからの有償アップグレードサービスの実施も合せて発表。有償でのセンドバックアップグレードのほか、ユーザーが自身で行うOTA(無線通信)でのOSアップグレード(無償)も準備される予定だ。有償アップグレードは2015年内に受付が開始される予定で、費用は3000円(税別)+送料となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.