ニュース
» 2015年12月02日 12時20分 UPDATE

バッファロー、大型アンテナ3基を備えた11ac対応無線LANルータ「WXR-1900DHP2」

バッファローは、IEEE802.11ac接続に対応する無線LANルータ「WXR-1900DHP2」を発表。干渉ノイズを検知してWi-Fi接続を最適化できる「干渉波自動回避機能」を備えている。

[ITmedia]
photo WXR-1900DHP2

 バッファローは12月2日、11ac接続に対応する無線LANルータ「WXR-1900DHP2」を発表、12月下旬に出荷を開始する。価格は2万2100円(税別)。

 IEEE802.11acおよび11a/b/g/n接続に対応する無線LANルータで、計3基の大型アンテナによる3×3接続に対応。転送速度は5GHz帯で最大1300Mbps、2.5GHz帯で最大600Mbpsとなっている。

 また、電子レンジや他のWi-Fi機器などから発生する干渉ノイズを検知して回避できる「干渉波自動回避機能」、通信の混雑を解消できる「バンドステアリング」機能などを備えた。有線ポートはギガビット対応×5(WAN側×1、LAN側×4)を備えている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.