ニュース
» 2015年12月24日 19時29分 UPDATE

富士通、PC・携帯事業を分社化 新会社設立へ

富士通がPC事業と携帯端末事業を2016年2月1日付で分社化する。経営責任の明確化と経営判断の迅速化、効率化が狙いだ。

[山口恵祐,ITmedia]

 富士通は12月24日、PC事業と携帯端末事業を2016年2月1日付でそれぞれ分社化し、新会社を設立すると発表した。

 PC事業は富士通クライアントコンピューティング株式会社(資本金4億円、代表取締役社長は斎藤邦彰氏)に承継し、携帯端末事業は富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社(資本金4億円、代表取締役社長は高田克美氏)に承継する。

富士通ポータルサイト 富士通ポータルサイト

 分社化の理由として、「PCやスマートフォンを中心としたユビキタス製品がコモディティ化することで差別化が困難となり、海外メーカーとの競争が激化している。研究開発、設計、製造、販売、企画からアフターサービスまでを一貫した体制にすることで、経営責任を明確化し、経営判断の迅速化と徹底した効率化を追究するため」としている。

関連キーワード

富士通 | 新会社 | 経営 | コモディティ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.