ニュース
» 2016年01月16日 13時00分 UPDATE

週末アキバ特価リポート:SanDisk Extreme Pro 512GBが5万円切る超特価に (1/2)

パソコンハウス東映でSanDisk製SDXC/micro SDXCカードの価格改定が入り、大台を割る大容量モデルが複数出ている。Ultraのmicro SDカード 200GBは1万7000円切り、128GBは6000円切りだ。やっす!

[古田雄介,ITmedia]

「多分他店さんは追いついて来れないでしょう」

 パソコンハウス東映など東映無線系列の一部のショップは、16日からSanDiskの大容量SDXC/micro SDXCカードの値下げを実施している。「Extreme Pro SDXC UHS-I Card」の最大容量となる512GBモデルが4万9800円となるほか、「Ultra micro SDXC UHS-I Card Premium Edition」の200GBモデルが1万6970円、「Ultra micro SDXC UHS-I Card」最大容量の128GBモデルが5970円だ。

og_akibatokka_001.jpg 1月15日時点のSanDisk製SDカードの価格

og_akibatokka_002.jpg 同じく「Ultra SDXC UHS-I Card Premium Edition」の価格

 パソコンハウス東映によると、一時的な特価ではなく通常売価の価格改定となる。「ウチが取引しているところの仕入れ値がこの価格を可能にする状態になったということですね」とのことで、「512GBは約1年前に登場したときの半額になりました。200GBの値下げもなかなかで、多分他店さんは追いついてこれないでしょう」と自信をのぞかせていた。

 コメントにあるとおり、Extreme Pro SDXC UHS-I Card 512GBが登場したのは2014年11月末で、当時は9万9800円の値がつけられていた。Ultra micro SDXCの200GBが登場したのは2015年6月末で、当時の価格は3万7800円。こちらも半額以下に割り込んだことになる。

og_akibatokka_003.jpg 2014年11月末当時の同店のSDXCカード価格表

og_akibatokka_004.jpg 2015年6月末当時のUltra micro SDXC 200GBの価格。128GBモデルも9000円弱だった

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.