ニュース
» 2016年01月21日 14時54分 UPDATE

キヤノン、Wi-Fiでケーブルレス投写対応の「ミニプロジェクター C-10W」

キヤノンマーケティングジャパンは、Wi-Fi対応でバッテリー駆動ができる持ち運び可能な小型プロジェクター「ミニプロジェクター C-10W」を発表した。

[山口恵祐,ITmedia]

 キヤノンマーケティングジャパンは1月21日、コンパクトプロジェクター「ミニプロジェクター」シリーズの新製品として「ミニプロジェクター C-10W」を発表した。2月上旬に販売を開始する。カラーバリエーションは“シルバー”と“ディープブルー”の2種類を用意する。価格はオープンで、予想実売価格は4万9800円だ(税別)。

シルバーディープブルー シルバー(写真=左)と、ディープブルー(写真=右)

 WVGA(854×480ピクセル)表示に対応するモバイルプロジェクター。重さ260グラムの小型設計で、スーツの左右ポケットやカバンに入れて持ち運べる。映像素子はDMD×1、光源はLEDを採用し、寿命目安は約1万時間となっている。表示スペックは、明るさが100ルーメン、コントラスト比が400:1だ。

ky_c-10W-03.jpg 手帳やスマートフォンなどと重ねても違和感のないサイズ感

 本体には標準モードで約1.5時間、明るさを60%程度に下げる節電モードで約2時間の駆動が可能なバッテリーを内蔵。映像入力はHDMI×1のほか、Wi-Fiによるワイヤレス接続も可能だ。Android OS 4.2.2以降、iOS 8.0以降(AirPlay)、Windows 8.1以降で利用できるミラーリングや、DLNAが利用できる。MHLにも対応しておりスマートフォン/タブレットの有線接続も可能だ。0.7ワットのステレオスピーカーとステレオミニの音声出力も備える。

ワイヤレス投影 ワイヤレス投影に対応

 本体サイズは111(幅)×111(奥行き)×17.2(高さ)ミリ、重量は約260グラム。HDMIケーブル(1m)、USB OTGケーブル、ACアダプター、小型の三脚が付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.