ニュース
» 2016年02月02日 16時28分 UPDATE

バレンタイン向けアプリを紹介:iPadでワンランク上のチョコと愛を届ける方法 (1/2)

あ、甘いの苦手だから(震え声)

[らいら,ITmedia]

 1年で最も男の子が期待する季節がやってきました。バレンタインが近づくと、チョコを買い求める女の子でデパートの地下も揺れるほど。しかし本命には手作りチョコで想いを届けたいのが、計算する女の子の本音です。“とても心めた甘いの”をiPadで作ってみましょう!

og_choco_001.jpg iPadを買ったけど読書やブラウジングくらいしか使っていないな〜という女性必見

ワンランク上の手作りチョコをスマートに作る

 一昔前までは、チョコのレシピ本とラッピングセットをお店で探してそろえる必要がありました。しかし今はアプリを使えば、スマートに思い通りのチョコを作ることができます。

 バレンタイン定番のアプリといえば、ロッテの「Ghana 手づくりチョコレシピ」! 生チョコ、チョコブラウニー、ガトーショコラなど、初心者でも簡単にできるレシピがそろっています。

og_choco_002.jpg 「動画」アイコンがついたレシピはムービーで実際に作り方を見ることができる

 相手の身体を気遣うなら、「健康的なデザート by Green Kitchen」で。オーガニック系のデザートのレシピが、センスのよい写真とともに紹介されています。

og_choco_003.jpg おしゃれ感満載の写真がスイーツ作りを盛り上げる。設定画面で言語を「日本語」にしておくことをお忘れなく

 せっかくならラッピングもこだわりたいもの。ラッピングのアイデアは、写真共有アプリの「Pinterest」で探してみましょう。「ラッピング」や「バレンタイン」で検索すれば、ラッピングのインスピレーションを得られるはず。iPadは大画面なのでホームフィードの情報量が圧倒的に違います。

og_choco_004.jpg 「リボンの結び方で差をつける」なんてアイデアも得られる

 iPadを電源につないだままで「Hey Siri」と話しかければ、音声アシスタントのSiriがスイーツ作りをサポートします。「Hey Siri、3分タイマー」と話しかければ、両手が汚れていてもディスプレイを触らずにすむので楽チンです。

og_choco_005.jpg タイマーをセットしたり、計量の単位を変換したりできる。「お母さんにグラニュー糖を買ってきてとメッセージ」といった用事を頼むメッセージも送信可能

 Smart Coverを折りたためばスタンドになるので、レシピ画面を見ながら調理できるのもメリットです。画面の自動ロック設定をオフしておくことを忘れずに。

 スイーツ作りが苦手な人は、Apple Musicやラジオアプリで音楽をかけて調理を楽しみましょう。iPadがステレオ、レシピ本、タイマーなど1台3役以上をこなすので、作業スペースをじゃましません。ただでさえキッチンはボウルやまな板などキッチングッズで溢れてしまいますからね!

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-