ニュース
» 2016年02月23日 20時00分 UPDATE

VoLTEにも対応:バーコードリーダーを搭載しながら世界最軽量を実現するハンドヘルド端末「TOUGHPAD FZ-N1」

主に屋内での利用を想定したハンドヘルド端末「TOUGHPAD FZ-N1」が登場。現場で要望の多かったバーコードリーダーを搭載しながら、275グラムという世界最軽量を実現している。

[山口恵祐,ITmedia]

 パナソニック システムネットワークスが2月23日に発表した「TOUGHPAD FZ-N1」は、4.7型のディスプレイにバーコードリーダーやスマートフォンのようなカメラ機能、通話通信機能などを備えながら、275グラムという世界最軽量(同社調べ)のボディーを実現するAndroid 5.1.1搭載ハンドヘルド端末だ。価格は15万円(税別)で、発売日は2月26日。

「TOUGHPAD FZ-N1」 「TOUGHPAD FZ-N1」

 同社は、5型ディスプレイを搭載するハンドヘルド端末「TOUGHPAD FZ-E1/X1」を既に展開しているが、今回の製品は専用機同等のバーコードリーダーを搭載するなど、「ハンディターミナル」「PDA」「携帯電話」の機能を集約した1台となっている。物流、製造、小売、医療といった現場での利用を想定し、日常業務での堅牢性を確保しながらコンパクトで軽量な端末に仕上げたという。

左側面 左側面
右側面 右側面

使い勝手にこだわったバーコードリーダー

 FZ-N1に搭載するバーコードリーダーは、本体背面へ斜めに配置することによって読み取り対象と照準光、端末のディスプレイが同一の視界に入るように工夫している。これによって最小限の動作で軽快な連続読み取りが可能だ。

 LED照明や照準光による操作アシストなど、同社が30年以上に渡ってハンディターミナルを開発してきたノウハウを反映することで、専用機同等の性能を実現しているという。

ky_toughpad-08.jpg バーコードリーダーは44種類のバーコード読み取りに対応
背面のバーコードリーダー 背面のバーコードリーダー
ky_toughpad-06.jpg ディスプレイを見ながら、前方のバーコードを読み取ることができる
ky_toughpad-07.jpg 暗い場所ではLEDによる照明が利用できる

騒音下でもクリアな通話が可能なノイズサプレッサー機能

 FZ-N1は、NTTドコモとKDDI(au)のLTE/3Gに対応しており、音声通話(VoLTE対応)/データ通信が可能だ。特に音声通話に関しては、3つのマイクとノイズサプレッサー機能を備え、騒音下でもノイズの少ない音声通話が可能。本体には2つの大口径スピーカーを搭載することで、100デシベルの大音量を出力することも可能だ。

ky_toughpad-09.jpg 3つのマイクとノイズサプレッサーで快適な音声通話をサポートする
利用想定シーン 物流、製造、小売、医療といった現場への導入を訴求していく

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう