ニュース
» 2016年03月03日 23時17分 UPDATE

8K/60HzでHDR映像が伝送できる「DisplayPort 1.4」公開

VESAが、映像出力インタフェースであるDisplayPort規格の最新バージョン「DisplayPort 1.4」を公開した。

[山口恵祐,ITmedia]

 映像関連機器の標準化団体であるVESA(Video Electronics Standards Association)は3月1日(米国時間)、映像出力インタフェースであるDisplayPort規格の最新版となる「DisplayPort 1.4」を公開した。

 2014年9月に公開されたバージョン1.3以来のメジャーアップデートで、映像ストリームの圧縮技術である「Display Stream Compression(DSC)1.2」に対応。映像の視覚的品質を損なわずに容量を3分の1まで圧縮できるという。転送帯域はバージョン1.3の8.1Gbps×4レーン(最大32.4Gbps)から変わらないが、このDSC 1.2によってDisplayPortまたはUSB Type-Cを介して8K/60Hz HDR deep colorと、4K/120Hz deep colorの伝送に対応する。

 DisplayPort 1.3が対応していた5K/60Hzの非圧縮伝送や、1つのポートで複数台のディスプレイをデイジーチェーン(数珠つなぎ)できる「Multi Stream Transport」(MST)にも引き続き対応する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.