調査リポート
» 2016年03月05日 06時00分 UPDATE

10年後、あなたの仕事は人工知能に奪われる?

[ネトマジョ調査部,ITmedia]

 「人工知能の発達によってあなたの仕事が奪われる」というニュースを、最近よく耳にしませんか? しかし、そうした可能性について頭では分かっていても、なかなか実感を持って受け止められているという人は、あまり多くないのではないでしょうか。

 野村総合研究所が発表したニュースリリースでは、601種の職業ごとにコンピューター技術による代替確率を試算、結果は「日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能になるだろう」というものでした。

 人工知能やロボットなどによる代替可能性が高いとされた100種の職業の詳細を見ると、販売や製造業など、現場作業の多い職業が並んでいます。

人工知能 仕事 「代替可能性が高い職業100」(画像は野村総合研究所公式リリースより)

 これは、あくまでも可能性について述べられた結果であり、野村総合研究所は「実際に代替されるかどうかは、労働需給を含めた社会環境要因の影響も大きいが、今回の試算にそれらは含めていない」と報告しています。

 それに対して、医者やカウンセラー、教師など他者の理解が必要な職業、クリエイターや研究者などスキルが必要だったり、データ分析が必須だったりする職業では「人工知能やロボットによる代替可能性が低い」とされています。

人工知能 仕事 「代替可能性が低い職業100」(画像は野村総合研究所公式リリースより)

 ということで、今回のテーマは「10年後、あなたの仕事は残っていると思いますか?」。ITmedia PC USERのTwitterアカウント(@itm_pcuser)で投票を受け付けています。なぜ自分の職業が10年後残っていると思うのかなどのご意見も、ぜひ引用リツイートでお聞かせください。(Twitterでいただいたご意見は記事の中で紹介させていただくことがあります)

アンケート調査

 皆さんの投票結果やご意見をまとめた記事も後日掲載しますのでお楽しみに。

ネトマジョ過去記事一覧

「ネットのマジョリティー」(ネトマジョ)とは

ITやネットにまつわる気になる話題を見つけてどんどん調査していく連載。調査の一環としてTwitterなどで読者アンケートを実施し、世間の声を拾っていきます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.