ニュース
» 2016年04月04日 16時23分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:メモリ価格の下落が続く――1枚16GBのDDR4メモリが7980円で衝撃デビュー! (1/4)

Kingstonから1枚16GBのDDR4メモリが8000円切りで2種類登場。8GB×2枚のDDR4キットでも滅多にない水準の安さに衝撃が走っている。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

1枚16GBのDDR4メモリ、最安ラインが2カ月で5000円ダウン!

 DDR4メモリの値下がりが続いている。先週はKingstonから1万16GBのPC4-17000(DDR4-2133)モデルが登場。DIMMの「KVR21N15D8/16」とSO-DIMMの「KVR21S15D8/16」で、価格はどちらも7980円だ(税込み)。

og_akiba_001.jpg Kingston「KVR21N15D8/16」と「KVR21S15D8/16」

og_akiba_002.jpg パソコンハウス東映のPOP

 パソコンハウス東映は、際立つ値下がりトレンドを考慮して、入荷数をあえて各10本程度に抑えたという。「(今回の2モデルが採用している)Micron製DRAMの価格がガクンと下がっているみたいで、ここ最近すごいペースで安くなっていますね。一気にDDR3と入れ替えるつもりがあるのかも」。

 最近のメモリの価格は(例年値上がりが起きる)旧正月前後でも下がり続けているが、とりわけ1枚16GBのタイプは2月初旬からの2カ月で最安ラインが5000円近く下がる急ピッチとなっている。

 ただし、現時点ではジャンル全体の足並みはそろっていないようだ。別のショップは「一部のDRAMメーカー絡みで動きが見られる程度ですね。ただ、これから他に波及することは十分考えられます」と話す。

 店頭での売れ方もメーカーの動きと歩調があっている。まだわずかながらDDR3よりもDDR4のほうが売れているというショップが多く、全体を通して大容量化が進んでいるという傾向も共通していた。

 TSUKUMO eX.は「最近の売れ筋はPC4-17000(DDR4-2133)の8GB×2枚キットですね。Skylakeの登場で主力がDDR3からDDR4に代わり、容量的にはここ半年くらいで4GB×2枚キットから移った印象です」と話していた。

 この傾向がDDR4主流化を加速するとの見方も多い。パソコンSHOPアークは「DDR4はDDR3との価格差がほとんどなくなったうえ、1枚16GBモジュールが普通の価格で買えるというアドバンデージがあります。いまはまだ32GBや64GBのメモリ領域を求める人はそこまで多くないですが、これから伸びていくでしょう」と予想する。

og_akiba_003.jpg TSUKUMO eX.のDDR4メモリ価格表

og_akiba_004.jpg パソコンSHOPアークの週末特価POP。1枚16GBDDR4メモリも対象となっている

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう