ニュース
» 2016年04月11日 12時00分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:HDDがついに10テラ突入! HGSTとSeagateからWデビュー (1/4)

HDDの最大容量を更新する10TBモデルが2社から同時に売り出され、アキバで注目を集めている。価格はともに8万円台前半だ。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「すごく目立っているけど、売れるのはもうちょっと後かな」――10テラHDDの評判

 先週金曜日、 HGSTとSeagateから10TBの3.5インチHDDが発売された。HGSTの「Ultrastar He10 HUH721010ALE600」とSeagateの「Enterprise Capacity 2.5 HD ST10000NM0016」で、税込み価格は8万3000円前後と8万1000円弱。どちらもヘリウムを封入しており、MTBF(平均故障間隔)250万時間の高耐久タイプだ。

og_akibapickup_001.jpg TSUKUMO eX.の10TバイトHDD入荷POP

 10TBのストレージは、2015年10月にPCI Express x4型SSD「NS570」が204万1200円で受注販売しているが、一般的な流通に乗るのは初めて。発売前から複数のショップが予約を受け付けていたこともあり、注目度は高い。

 TSUKUMO eX.は「10テラの大台に乗ったということで、今後のストレージ事情をうらなう製品として関心を寄せている人は多いですね」という。

 ただし、売れ行きはまだこれからといった状況だ。BUY MORE秋葉原本店は「この容量帯はNAS向けか法人向けとなりますからね。NASにしても、8TBが半額以下で買えるからまだ手を出す人は少ないでしょう。実際、買われる場合も半ば調査目的で1台をということばかりで、複数台買いはまだみられません」と実情を語る。それゆえに、現在は各ショップが2モデルとも潤沢な在庫を確保している状況だ。

 先々の動向については、某ショップが語った「今後値が落ち着いてくるのは確実ですけど、個人が求める容量との乖離(かいり)があるので、自作市場で主役になりえるかは微妙なところだと思います」というコメントが象徴的だ。長い目で今後に注目していきたい。

og_akibapickup_002.jpg HGST「Ultrastar He10 HUH721010ALE600」

og_akibapickup_003.jpg Seagate「Enterprise Capacity 2.5 HD ST10000NM0016」

 なお、時を同じくして、WDから監視システム向けの8TB HDD「WD Purple WD80PUZX」も登場している。こちらもヘリウムを封入している。価格は4万円弱で、メーカー保証は3年と長い。

og_akibapickup_004.jpg WD「WD Purple WD80PUZX」

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう