ニュース
» 2016年05月26日 16時30分 UPDATE

外付けグラフィックスカードを利用できるオプションも:Razer、広色域4K液晶+カラフル点灯キーボードの12.5型モバイルノート「Razer Blade Stealth」

Razerは、1月のCES 2016で発表した12.5型Ultrabook「Razer Blade Stealth」を日本でも発売した。ハイスペックな構成で、価格は11万9800円(税別)から。

[ITmedia]

 Razerは5月26日、4Kディスプレイやカラーバックライトキーボード搭載の12.5型Ultrabook「Razer Blade Stealth」を発表、同社Web直販「RazerStore.com」限定で販売を開始した。価格は11万9800円(税別)から。

Razer Blade Stealth 「Razer Blade Stealth」

 タッチパネル対応の12.5型ワイド液晶を内蔵した薄型軽量ノートPC。IGZOディスプレイを採用し、Adobe RGBカバー率100%の広色域な4K UHD(3840×2160ピクセル)もしくはAdobe RGBカバー率70%のWQHD(2560×1440ピクセル)から選べる。

Razer Blade Stealth タッチパネル搭載の液晶ディスプレイは高精細かつ高色域。視野角も広い

 プロセッサは第6世代Core i7-6500U(2.5GHz/最大3.1GHz)を搭載、グラフィックスはCPU内蔵のIntel HD Graphics 520を用いる。メモリはLPDDR3-1866MHzで8GB固定(デュアルチャンネル動作)、ストレージはPCIe M.2 SSD(NVMe対応)でWQHD液晶選択時は128GB/256GB、4K UHD液晶選択時は256GB/512GBを選択可能だ。

 キーボードにはカラーバックライトを搭載。キーボードの各キーにRGBバックライトを内蔵し、数百万種類のカラーリングで光らせることができる。外付けキーボード、マウス、ヘッドセット、マウスマットなど他のRazer Chromaテクノロジー採用製品と同様、約1680万色の発色をカスタマイズでき、Synapseソフトウェアで「スペクトラムサイクリング」「呼吸音」「反応性」などのエフェクトをかけたり、同テクノロジー製品とシンクロ発光させたり、といった設定が可能だ。

Razer Blade Stealth カラフルに点灯するバックライトキーボードも装備。ポインティングデバイスは2ボタンを統合したクリックパッド型だ

 ボディーは、航空機に使用されるものと同グレードのアルミニウム合金からCNC削り出し加工で生産。本体サイズは321(幅)×206(奥行き)×13.1(高さ)ミリ、重量は約1.25キロだ。4Kタッチパネル液晶やカラーバックライトキーボード、第6世代Core i7のUシリーズなどハイスペックなモバイルノートPCとしては、薄型軽量と言える。45ワットアワーのリチウムポリマーバッテリーを内蔵する。付属のACアダプターはUSB Type-C仕様(45ワット)だ。

Razer Blade Stealth アルミ削り出しの薄型軽量ボディー

 通信機能はIEEE802.11acの無線LAN、Bluetooth 4.1を標準装備。Thunderbolt 3(USB 3.1 Type-C)、USB 3.0×2、HDMI 1.4a出力、音声入出力、200万画素のWebカメラ、ステレオスピーカー、デュアルマイクなどを備えている。

 ラインアップは、ディスプレイ解像度(4K/WQHD)と搭載ストレージ容量の差異で計4モデルを用意。ハイスペックを考慮すると、コストパフォーマンスは高いと言える。プリインストールOSは64bit版のWindows 10 Homeだ。

  • Razer Blade Stealth QHD 128GB 11万9800円(税別)
  • Razer Blade Stealth QHD 256GB 13万9800円(税別)
  • Razer Blade Stealth 4K 256GB 16万4800円(税別)
  • Razer Blade Stealth 4K 512GB 18万4800円(税別)

 なお同社は、オプションとしてThunderbolt 3接続でグラフィックスカードを外付けできるケース「Razer Core」を後日発売する予定だ。これを用いることで、デスクトップPC用の高性能なグラフィックスカードの描画性能をRazer Blade Stealthに付加できる。Razer Coreは、映像出力のほか、USB 3.0やギガビットLANの端子もそろえており、ドッキングステーションにもなる。

Razer Core 「Razer Core」を使えば、Razer Blade StealthをゲーミングノートPC代わりに活用できる
Razer Core Razer Coreの外観
Razer Core 側面の一部はメッシュで内蔵したグラフィックスカードが見える
Razer Core このようにグラフィックスカードを収納して使う
Razer Core 背面のインタフェース類

関連キーワード

Razer | Ultrabook | 直販限定モデル | ノートPC | USB 3.1


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう