ニュース
» 2016年05月28日 10時44分 UPDATE

週末アキバ特価リポート:パソコンハウス東映、閉店前の最後の週末 (1/2)

5月31日に閉店するパソコンハウス東映は、最後の週末に向けて完全燃焼セールを加速させる。micro SDXCカードも安いが、顕微鏡などのレアモノもお得だ。

[古田雄介,ITmedia]

「Ultra micro SDXC UHS-I Card Premium Edition」が税込み8580円に

 系列店内の業務統合により5月31日に閉店するパソコンハウス東映が、最後の週末を迎えている。金曜日の時点で店内の在庫は先週以上に薄くなっており、レジ前の価格表の空きを埋める「完全燃焼」POPの面積はさらに広がっていた。

5月31日に閉店するパソコンハウス東映

 まさしく売り尽くしのため、普通は特価になりにくいレアものが多数みつかる。例えば、2015年4月にオンライン販売が始まったログバーの指輪型コントロールデバイス「Ring ZERO」は、通常売価が税込み1万7000円弱のところを税込み9980円としている。

 また、2016年2月に税込み2万9800円で登場したHDMI接続のマイクロスコープ「秀マイクロンFHD」が税込み2万1400円で買えるようになっている。

 同店は「ほかにも500GBの5ミリ厚2.5インチHDD『WD Blue UltraSlim WD5000MPCK』が税込み2980円になったり、USB接続のバーコードリーダーが税込み4680円になったりしています。かなりレアな特価がしれっとあるので探してみてください」とアピールする。

Bluetooth機器が操作できる「Ring ZERO」

最大200倍の拡大画像が撮影できる「秀マイクロンFHD」

 そうした特価対象の中にあって、通常売価のままSANDISKの200GB micro SDXCカード「Ultra micro SDXC UHS-I Card Premium Edition」も安くなっていた。価格は先週から500円下がって税込み8480円。「税別で8000円切りました。先週は売り切れて、今回は(系列店全店で)100枚。これもいい勢いで売れると思います」と話す。

現金特価POP。2015年6月の登場時は税込み3万7800円だった

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう