ニュース
» 2016年07月08日 09時35分 UPDATE

次期macOS Sierraのパブリックβ配布開始

iOS 10のパブリックβも同時リリース。

[ITmedia]

 Appleが次期macOS Sierraの一般ユーザー向けβプログラム「Apple Beta Software Program」を開始した。

Apple IDを持つユーザーは誰でも参加できる

 Sierraは、今年の秋正式リリースが予定されている次期macOS。macOSでも音声パーソナルアシスタントのSiriを利用できるようになったのが特徴だ。

 βプログラムはApple IDを所有する全ユーザーが参加でき、使用しているMacを登録するとパブリックβや今後のアップデートにApp Store経由でアクセスできるようになる。また、「フィードバックアシスタント」を使ってApple にフィードバックを送信すれば、それらの改善が今後のSierraに反映される可能性がある。

Apple IDを持つ全ユーザーが参加できる

 なお、macOSパブリックβは開発途中の製品で、一部のアプリやサービスが正常動作しなかったり、データに後方互換性がない場合がある。βプログラムに参加する際は、必ずバックアップを作成しておこう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう