ニュース
» 2016年08月08日 15時46分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:夏休みの工作欲をかき立てる新製品が続々登場! (1/4)

自作のドット絵を表示できるBluetoothスピーカーや遠隔制御できる乾電池ホルダー、デスクトップ向けCPUが組み込める超小型ベアボーンなど、遊べる要素の大きい新製品がいくつも店頭に並んだ。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

スマホで操作できる乾電池ホルダー「Mabeee」が話題に

 サウンド関連で話題になっていたのは、DivoomのBluetoothスピーカー「AURABOX」だ。税込み価格は8000円前後。5W出力のスピーカーを内蔵する110(幅)×50(奥行き)×110(高さ)mmのボックス型で、フロントに10×10個のLEDランプを配置しているのが特徴だ。音楽再生時に標準のエフェクト表示が楽しめるほか、iOSまたはAndroidのアプリによって自作したドット絵を光らせたり、SNSの新着通知に連動して各種ロゴマークを表示させたりもできる。

 入荷したパソコンSHOPアークは「ちょっとしたアニメーションも登録できるので、そそる人は多いんじゃないかと思います。カラー100マスあればけっこう表現できますからね」と評価していた。

Divoom「AURABOX」

 汎用的な遊び心を刺激しているのは、ノバルスの乾電池型IoTツール「Mabeee」だ。単四乾電池をセットして単三形に変換できるソケットにBluetoothアダプタを内蔵しており、制御アプリをインストールしたスマホやタブレットで乾電池の出力を遠隔操作できる。税込み価格は5500円弱。

 制御アプリでは最大4本のMabeeeを同時に動作可能で、それぞれの出力を手動で調整したり、音声や端末の傾き、振動の具合に感応させたりして遊べる。デモ機を展示しているドスパラパーツ館は「リモコン制御できない機器が電池を替えるだけで遠隔操作できるのは画期的ですよね。アイデア一つで色々な遊び方ができるので、これからどう広がっていくのか見ていきたいです」と語る。

ドスパラ パーツ館に展示されたノバルス「Mabeee」

制御アプリで操作しているところ

 自作PCパーツでも遊び心をそそるアイテムが登場している。次のページで紹介しよう。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう