インタビュー
» 2016年08月30日 16時30分 UPDATE

ガチ対戦勃発:俺より弱い奴に会いに行く! PCゲームブランドの担当者は本当にゲームがうまいのか試してみた (1/3)

負けられない戦いがそこにある。

[編集G,ITmedia]

 8月某日。記者は秋葉原の中央通り沿いにあるゲーミングPC専門店「G-Tune:Garage」で、一人の男とにらみ合っていた。身長は180センチをゆうに超えるクマのような体つきの男――マウスコンピューターのPCゲーミングブランド「G-Tune」のマーケティングを担当する安田氏である。

G-Tuneのマーケティング担当、安田氏。自走のヤスと呼ばれている

 「それで、本当にいいんですね?」、マウスコンピューターの若手スタッフT氏がそう切り出した。我々は互いに頷き、大画面ディスプレイの前に並べられたアーケードコントローラーに手を伸ばす。画面にはカプコンの最新格闘ゲーム「ストリートファイターV」が映し出され、今まさに負けられない戦いが始まろうとしていた――。

戦いの場となったのは秋葉原中央通り沿いのゲーミングPC専門店「G-Tune:Garage」(千代田区外神田3丁目13-7)。1階には最新ゲームタイトルを遊べる試遊台がずらりと並びゲームセンターのようでもある

同店舗は液晶ディスプレイ3面を使ったゲーム試遊台やVRヘッドマウントディスプレイのデモなどが用意されており、最新ゲームタイトルを最新PCで実際に体験できる

 事の発端は5月に行われた「RAGEマスターリーグ玄武杯」にさかのぼる。玄武杯はストリートファイターVを競技種目としたトーナメント式の国内大会の1つで、これにマウスコンピューターが協賛し、プロも含む総勢128名のゲーマーが賞金をかけて戦いを繰り広げた。その熱気に沸く会場で出会ったのが安田氏である。

 彼は準決勝で行われたyukadon氏(決勝で金デヴ氏を抑え本大会の優勝者になった) vs. kazunoko氏(プロゲーマー。ウル4で世界大会優勝の実績を持つ)の対戦について、独自の見解を交えながら見どころを解説し、記者に同意を求めてきたのだった。すごい早口だった。正直、何を言っているのか分からなかったが、なんとなく相づちを打ちながら「さすがG-Tuneの担当者ともなるとゲームも上手なんだな」と思ったのを覚えている。

「RAGEマスターリーグ玄武杯」決勝戦(金デヴ氏 vs. yukadon氏)の様子

 しかしそれは大きな誤解だった。後から若手スタッフのT氏に聞いたところによると、彼はストリートファイターVの「ほぼ初心者」であり、格ゲーマニアを自認するT氏の見立てでは「デモ機のセッティング中にプレイしてるの見たことありますけど、操作も慣れてないし正直……先輩なのであんまり言えないですけど」とのこと。そこで記者はある計画を思いついたのである。

マウスコンピューター/G-Tune

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう