ニュース
» 2016年09月22日 06時00分 UPDATE

ドゥーチェ!ドゥーチェ!:PCメーカーが戦車道 WoT「PCメーカー対抗トーナメント」アンチョビ役吉岡麻耶さんも登場 (1/2)

9月15日〜18日に幕張メッセで開催した「東京ゲームショウ2016」の2日目、16日にPCメーカーどうしが火花を散らす戦いが勃発(ぼっぱつ)した。

[井上輝一,ITmedia]
TGS2016の2日目にWargamingブースで「第二次PCメーカー対抗トーナメント」が開催された TGS2016の2日目にWargamingブースで「第二次PCメーカー対抗トーナメント」が開催された

 9月15日〜18日に幕張メッセで開催した「東京ゲームショウ2016」の2日目、16日にPCメーカーどうしが火花を散らす戦いが勃発(ぼっぱつ)した。

 「World of Tanks」などのオンラインゲームを手掛けるゲーム企業Wargamingが主催の、「第二次PCメーカー対抗トーナメント」だ。各PCメーカー内でチームを組み、World of Tanksで他社チームをボコりボコられる。各社、自社の看板を背負ってぶつかることになるため普通はこんな企画やらないと思うのだが、そこはTGSというお祭りドンチャン騒ぎをWargamingがうまく使ったということだろう。

 そんなお祭りに乗っかったのは、LEVEL∞(ユニットコム)、G-GEAR(TSUKUMO)、ALIENWARE(デル)、OMEN's 7(日本HP)、PREDATOR(日本エイサー)、GALLERIA(サードウェーブデジノス)の6社だ。なお、エムエスアイコンピュータージャパンも参加予定だったが諸事情より棄権となった。

参加したPCメーカー6社のトーナメント割り。MSIは事前に棄権となった 参加したPCメーカー6社のトーナメント割り。MSIは事前に棄権となった

 試合はWorld of Tanksの7対7、3戦2勝形式で行われた。World of Tanksをご存じない方にゲーム内容を簡単に説明すると、各プレイヤーが1台の戦車を操縦し、敵チームの戦車を砲撃する。砲撃されるとHPが減り、0になると操縦不能となる。車両には重戦車、中戦車、軽戦車、駆逐戦車、自走砲といった種類があり、それぞれ弾の威力や装甲の厚さ、機動力などが異なる。今回は試合時間を7分間とし、先に敵車両を全て撃破、あるいは陣地を一定時間占領すると勝利とするルールだ。

 初戦はユニットコムのLEVEL∞チームと、TSUKUMOのG-GEARチームが対戦した。

LEVEL∞チームG-GEARチーム 「改造バカ」こと高橋敏也氏が所属するLEVEL∞チーム(左)と、声優の山下まみさんを連れるG-GEARチーム(右)

 司会はタレントの鉄平氏、解説はプロゲーマーチーム「SCARZ」のRenno氏が担当し、各車両の特性やチームの陣形、形勢を事細かに解説した。

 試合展開はG-GEARチームがLEVEL∞チームを包囲。対戦の様子はニコニコ生放送で放送されていたため、そのコメントの中にも散見されたがG-GEARチームは戦略的に車両を配置していくなど練習を重ねている様子だった。

1戦目2戦目 1戦目はG-GEARがLEVEL∞を包囲(左)、2戦目はG-GEARが陣地を先取(右)

 一方のLEVEL∞チームは2戦目でも陣地占領を許すなど後手後手に回り、コメントでは高橋氏に対して応援の声や「前回も出てただろw」といったツッコミが入っていた。

 結果は2戦ともG-GEARチームが勝利し、準決勝へと進んだ。

 続いての2回戦は、日本HPのOMEN's 7チームと日本エイサーのPREDATORチームの対戦。PREDATORチームが「日本HPのHPをガリガリ削っていきたい」と発言していたのが印象的だった。

OMEN's 7チームPREDATORチーム 日本HPのOMEN's 7チーム(左)と日本エイサーのPREDATORチーム

 1戦目はPREDATORチームがOMEN's 7チームを包囲するも膠着(こうちゃく)状態がしばらく続き、試合結果は引き分けとなった。しかし、中心で固まっていたOMEN's 7チームが不用意に建物の影から出てきたPREDATORチームの車両を後半に沈めていき、残存車両、HPともにOMEN's 7チームが上回ったためOMEN's 7チームの勝利となった。

 2戦目ではOMEN's 7チームが陣地占領作戦で先行するも、全員で陣地に固まってしまったため身を隠せない状態に。そこをPREDATORチームが集中砲火し、PREDATORチームが勝利。試合の行方は3戦目へ持ち込まれた。


 決戦となった3戦目の舞台はステップという草原地帯。そのため建物などの障害物が少なく、地形の起伏を活用して射線を避ける試合となった。その地形をPREDATORチームがうまく使ったことで3戦目を制した。「ロマン砲」とも呼ばれる183mm砲を搭載したPREDATORチームの「FV215b 183」の砲撃が命中し、日本HPのHPが宣言通りガリガリ削れたところで会場、コメントともにドッとわいた。

 準決勝はG-GEARチーム対PREDATORチーム。1試合目を制したものどうしということもあり、序盤は両者慎重な動きだったが、G-GEARチームがPREDATORチームのHPを着実に削っていくことでG-GEARチームが勝利。2戦目も似た展開で、G-GEARチームが練習量を見せつけた結果となった。

 続く準決勝はデルのALEINWAREチームとサードウェーブデジノスのGALLERIAチーム。デルは今回、対戦用のPCを全て提供しているということもありコメントには「弊社ー!」「弊社PCがんばれー」といった応援が見られた。

ALIENWAREチームGALLERIAチーム デルのALIENWAREチーム(左)とサードウェーブデジノスのGALLERIAチーム(右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう