ニュース
» 2016年09月28日 14時00分 UPDATE

NECディスプレイ、ベゼル幅0.8ミリを実現したマルチ接続向き液晶ディスプレイ3機種を発表

NECディスプレイは、スリムベゼル筐体を採用したフルHD表示対応の21.5型/23.8型液晶ディスプレイ計3機種を発表した。

[ITmedia]

 NECディスプレイは9月28日、スリムベゼル筐体を採用したフルHD表示対応の21.5型/23.8型液晶ディスプレイ計3機種「LCD-EX241UN/同-BK」「LCD-E241N/同-BK」「LCD-E221N/同-BK」を発表、10月31日より順次出荷を開始する。価格はいずれもオープンだ。

 3製品はいずれも、金融機関や監視用途などでの複数ディスプレイ構成を想定したモデルで、LCD-EX241UNは4辺のベゼル幅を0.8mm、LCD-E241N/LCD-E221Nは3辺(上および左右)のベゼル幅を1mmとしたスリムベゼル筐体を採用しているのが特徴だ。

 DisplayPort出力でのディジーチェーン接続に対応。接続した複数のディスプレイを1画面として扱える、シングルストリームトランスポート(SST)およびタイルマトリクスもサポートしている。

photo
photo
photo LCD-EX241UN/同-BK(上段)、LCD-E241N/同-BK(中段)、LCD-E221N/同-BK(下段)

 いずれもフルHD表示に対応しIPSパネルを採用。映像入力はLCD-EX241UNがDVI/HDMI/DisplayPort/アナログD-Subの4系統を、LCD-E241N/LCD-E221NがHDMI/DisplayPort/アナログD-Subの3系統を利用可能となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう