ニュース
» 2016年10月03日 18時15分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:税込み3万5000円で23.8型4K表示の高画素密度ディスプレイが登場! (1/4)

3840×2160ピクセル表示に対応した23.8型4K液晶「24UD58-B」が登場し、税込み3.5万円という安さで注目を集めている。展示機の前では、高画素密度の画面を使いこなせるか自問するユーザーの姿がみられた。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「エクセルを開くとすごさが分かります」――23.8型4Kディスプレイの衝撃

 ディスプレイ売り場で目立っていたのは、LG電子の23.8型4Kディスプレイ「24UD58-B」。AH-IPSのノングレア液晶パネルを採用し、税込み価格は3万5000円前後となる。

LG電子「24UD58-B」

 デスクトップPC向け4Kディスプレイとして価格もサイズも破格の存在といえるモデルで、展示機を眺めるユーザーも多かった。

 入荷したパソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「まずインパクトがあるのは価格以上にドットの細かさですよね。エクセルを全画面で立ち上げてみると、その目の小ささに驚きます。スマホでもノートPCでも4Kモデルがありますが役割が違います。デスクトップPC用ディスプレイはキーボードの向こう側に固定されているのが普通で、ノートPCの画面よりもさらに遠くに置かれるのが普通ですから」と話す。

 実際、展示機を前に「俺にはちょっと使い込ませないわ……」とつぶやくユーザーもいた。精密な写真表現を喜ぶというより、目の細かすぎる方眼紙にとまどうといった感触に近い。

 ただ、24UD58-Bの登場で業界の常識が変わるとの見方もある。別のショップは「高画素の4Kディスプレイがここまで低価格で登場したということは、LG電子を先頭にライバル各社もこの仕様でどんどん投入してくる腹づもりかもしれません。3万円台の4Kディスプレイが24型前後で多数出てくれば主流を形成してもおかしくない。すると、ユーザー側もアプリごとにズームして使うのが当たり前になるでしょう」と話していた。今後のディスプレイトレンドに要注目だ。

24UD58-Bと同社の27インチ4K液晶「27UD58-B」

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう