ニュース
» 2016年12月05日 18時17分 UPDATE

LINEトークで24時間365日サポート――マウスコンピューターがユーザーサポートを拡充

スタンプも配布。

[ITmedia]

 マウスコンピューターは、LINEトークで24時間365日のサポートが受けられる「LINEでトークサポート」を開始した。同サービスはLINEビジネスコネクト対応ソリューション「DialogOne」と連携したもの。「mouse LINE 公式アカウント」と友だちになることで、購入相談や修理の問い合わせ、購入後の活用法など、従来電話やメールで行っていた包括的なサポートサービスをLINEで受けられるようになる。

LINEトークでユーザーサポートを受けられる「LINEでトークサポート」

 マウスコンピューターの小松社長は、「ユーザーはスマホでSNSをより積極的に活用し、いつでもどこでも簡単にコミュニケーションを取る方向へ進化している。これまでサポートは電子メールや電話が中心だったが、ソーシャルメディア上で展開する必要性を感じた」と、同サービスを提供するに至った背景を説明。「2006年から24時間365日の電話サポートを行い、昨年はチャットサポートも開始したが、最大のテーマはどれだけサポートを向上させられるか。何か困ったときに、これまで電話で問い合わせることにためらっていた人も、(LINEトークで)気軽に相談してもらえれば」と狙いを語る。

メディア別接触時間の構成比(博報堂)とソーシャルメディアの利用率(総務省)

「LINEでトークサポート」の概要。これまでメールや電話で行っていたサポートサービスをすべてLINEでも行えるようにする。これにあわせて沖縄のカスタマーサポートセンターに新組織を設置した

利用デモ。自動応答サービスだけでなく、リアルタイムトークサービスも利用できる。実際のエラー画面をスマホで撮影してオペレーターに見せる、などLINEを生かしたコミュニケーションが可能だ

 小松社長はこうした取り組みを通じて、今後も「より短い接続時間」「高い応対品質と解決率」「様々な問い合わせ方法への対応」「より短い時間での修理」を追求していくとした。

LINEメッセンジャーキャラクター(チュ丸とモニャー)のスタンプを配布

マウスコンピューター/G-Tune

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう