レビュー
» 2017年01月06日 17時49分 UPDATE

Kaby Lake×Pascal:感動的な静音性を誇る新世代マシン「Silent-Master Pro Z270」の実力 (1/3)

サイコムの静音シリーズ「Silent-Master Pro」から、発表されたばかりのIntelの新世代CPU&チップセット搭載モデルが登場。その実力を検証しよう。

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]
ココが「○」
・「Kaby Lake」こと新世代CPUを採用
・高性能とほぼ無音の静音性を両立
・BTOで柔軟なパーツ選択が可能
ココが「×」
・ぜいたく仕様で一般的なPCよりも高価

徹底的にこだわったスペシャル静音モデル

 タワー型デスクトップPCからミニPCまで、幅広いバリエーションのオリジナルPCを手がけるサイコムの静音PCシリーズ「Silent-Master Pro」は、その名の通り静音性にこだわったシリーズだ。

高性能と静音性を両立した「Silent-Master Pro」シリーズが第7世代Coreを採用して生まれ変わった

 エアフロー、遮音性に大きな影響があるPCケースをはじめCPUクーラー、冷却ファン、グラフィックスカード、電源ユニットといった、騒音源となる内部パーツまで厳選パーツで構成。さらに第三者機関による検証結果を詳細に公表するという徹底ぶり。

 このSilent-Master Proシリーズに、、2017年1月3日(日本時間1月4日)に発表されたばかりの第7世代Coreプロセッサー(開発コード名=Kaby Lake)を搭載したモデル「Silent-Master Pro Z270」が加わった。その内容と性能をチェックしよう。

Kaby Lakeこと第7世代Coreプロセッサーを採用

 開発コードネーム「Kaby Lake」こと、第7世代Coreプロセッサーを採用している点は大きなトピックだ。

 この世代では製造プロセスルールが従来の14nmから14nm+へと改良され、電力効率がさらにアップ。従来の第6世代Coreプロセッサーからパフォーマンスを底上げしている。内蔵GPUの動画のハードウェアデコード/エンコード機能も強化された。

 CPUはBTOで柔軟に選べるが、評価機では第7世代Coreプロセッサー最上位のCore i7-7700Kを搭載していた。先代の最上位であるCore i7-6700Kと比べてもかなりパフォーマンスを上げている。

 マザーボードはBTOでいくつかの選択肢から選ぶことができる。評価機のマザーボードは、ASRockのZ270 Pro4を採用している。10フェーズの電源部を備えた堅実な設計で、Type-CとType-A両方のUSB3.1ポートを標準で備えるほか、1000BASE-T対応有線LAN、8チャンネル出力対応サウンド機能をオンボード搭載。M.2 SSDを2つ装備するなど、拡張性にも優れる。

 その他のパーツもBTOで柔軟な選択が可能。メモリは、Kaby Lakeで正式に対応したPC4-19200(DDR4-2400)を採用し、最大64GBまでの構成に対応する。データストレージもM.2または2.5インチのSSDと3.5インチHDDを柔軟に組み合わせた構成が可能で、ブランドを指定することも可能。評価機では525GBの2.5インチSSD(Crucial CT525MX300SSD1)と1TBのHDD(TOSHIBA DT01ACA100)のデュアルストレージ構成だった。光学ドライブやカードリーダーの搭載にも対応しているのもポイントだ。

Intel最新の第7世代Coreプロセッサーを採用。BTOで柔軟な選択が可能。評価機は最上位のCore i7-7700Kを搭載していた

CPUクーラーはこだわりのNoctua

 Silent-Master Proシリーズならではのこだわりが強く反映されているのが、CPUクーラーとPCケースだ。

PCケースにはAntecの「P100」を採用

 CPUクーラーはNoctuaのNH-U12Sを標準で採用しており、BTOではより大型のファンを備えたNH-U14Sが選べる。選択できるのはこの2種類のみと、サイコムのPCとしては珍しくパーツが限定されている。

 PCケースも同社としては珍しく固定されており、Antecの「P100」の搭載ファンをNoctua製に変更した特別仕様モデルを採用する。P100は市販されている標準仕様でも静音性に定評があるモデルだが、Silent-Master Proシリーズでは、独自に搭載ファンをカスタマイズ。前面の吸気ファンに「Noctua NF-A14 ULN 800rpm」、背面の排気ファンには「Noctua NF-S12A ULN 800rpm」を搭載し、静音性をさらに上のレベルに高めている。

CPUクーラーはNoctuaのNH-U12Sを標準で採用する。Intel純正クーラーなど、Noctua製以外の選択肢はBTOでも選べないようにしている点に強いこだわりが感じられる

前後のケースファンもNoctua製。前面は「Noctua NF-A14 ULN 800rpm」、背面は「Noctua NF-S12A ULN 800rpm」だ。ケースはエアフローを最適化することで放熱性能を確保する一方、前面付近の吸気口を最小限に抑え、さらに前面ドアやサイドパネルに吸音材を貼り、外部に音を漏らさない密閉型スタイルの静音ケースだ

手回しねじ2本でサイドパネルのみ取り外すことができる

本体前面/背面

底部のスリットは防じんフィルターを装着。ホコリを簡単に除去できる。脚部は制振効果の高いラバー製インシュレーターを装着している

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう