ニュース
» 2017年01月13日 15時57分 UPDATE

「ゲームは1日1時間」が現実に 「Nintendo Switch」に見守り機能

[村上万純,ITmedia]

 任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」が1月13日に発表されました。最新ゲームが出ると、子供はいつも時間を忘れて熱中してしまうものですが、Nintendo Switchではゲームプレイ時間を制限できるスマホ向けアプリ「Nintendo みまもりSWITCH」が利用できます。

「Nintendo みまもりSWITCH」

 これは、親がスマホアプリ上で1日に遊ぶ時間を15分刻みで設定できるというもので、時間が近づくとゲーム画面上で通知されます。設定した時間を過ぎても子供が遊んでいる場合は、スマホアプリにその旨が通知され、スマホからプレイ中のソフトを強制的に中断(スリープ状態)することもできます。

1日に遊ぶ時間を設定
時間が来るとゲーム画面上で通知
時間が過ぎると親のスマホに通知
強制的に中断させることも……

 遊ぶ時間は曜日ごとに設定でき、休日はプレイ時間を少し多めにするなど柔軟に変えられます。

 また、子供がどのゲームをどれだけ遊んだかを月1でレポートする機能や、遊べるソフト、他のプレイヤーとのコミュニケーション、画面写真のSNS投稿などもアプリ上で制限する機能も搭載します。

遊ぶソフトも制限できる

 これまでのように「親の目を盗んでこっそりゲームをする」ということができなくなり、ゲーマーにとってはおなじみの格言「ゲームは1日1時間」が実現されそうです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう