ニュース
» 2017年02月17日 15時45分 UPDATE

上海問屋、6基のドライバでサラウンドを楽しめるカナル型イヤホン

ドスパラは、HDSS技術によりサラウンドサウンドを実現したカナル型イヤホン「DN-914559」の取り扱いを開始した。

[ITmedia]

 ドスパラは2月17日、サラウンドサウンド対応をうたったカナル型イヤホン(型番:DN-914559)の取り扱いを発表、「上海問屋」で販売を開始した。価格は3999円(税込み)。

photophoto DN-914559

 計6基のダイナミックドライバを内蔵した3.5mmアナログ接続対応のカナル型イヤフォンで、3Dサラウンド技術となるHDSSを採用したモデルとなっている。

 ケーブル長は約1.2m。イヤーチップはサイズ別で3タイプが付属している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.