ニュース
» 2017年03月02日 14時04分 UPDATE

TP-Link、アンテナ8基を搭載したトライバンド接続対応の11ac無線LANルータ「Archer C5400」

ティーピーリンクジャパンは、トライバンド接続をサポートしたIEEE802.11ac対応無線LANルータ「Archer C5400」など3製品を発表した。

[ITmedia]

 ティーピーリンクジャパンは3月2日IEEE802.11ac対応の高機能無線LANルータ「Archer C5400」を発表、3月中旬に発売する。価格は3万800円(税別)。

photo Archer C5400

 IEEE802.11acおよび11a/b/g/n接続に対応する無線LANルータで、5GHz帯×2+2.4GHz帯×1のトライバンド接続に対応。MU-MIMOやビームフォーミング機能などをサポートするほか、高速通信が可能となるNitroQAM(1024-QAM) にも対応、最大通信速度は5GHz帯が各2167Mbps、2.4GHz帯が1000Mbpsを実現している。

 また独自機能として、ポータル認証の構築機能を搭載。フリーWi-Fiスポットとして使用できる認証用Webページの作成を行うことも可能だ。


 このほか、IEEE802.11ac対応のスタンダード無線LANルータ「Archer C1200」および無線LAN中継器「RE305」もあわせて発売される。価格はそれぞれ6200円/4800円だ(税別)。

photophoto Archer C1200(左)、RE305(右)

関連キーワード

TP-LINK | 無線LANルータ | IEEE802.11ac | MU-MIMO


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.