ニュース
» 2017年03月08日 12時28分 UPDATE

理研、ディープラーニング解析に世界最大のNVIDIA DGX-1システムを導入 毎秒4000兆回演算

[井上輝一,ITmedia]

 理化学研究所は3月6日、革新知能統合研究センターにおける人工知能研究を支える大規模計算リソースとして、NVIDIAの「DGX-1」を用いた「ディープラーニング解析システム」の導入を発表した。システムは富士通が受注する。

DGX-1を24台搭載した「ディープラーニング解析システム」

 DGX-1はPascalアーキテクチャGPUである「Tesla P100」を8基搭載したディープラーニング用のシステムで、半精度浮動小数点演算では170TFLOPSの性能を持つ。

 今回のディープラーニング解析システムはこのDGX-1を24台導入するため、演算性能は計4PFLOPS(毎秒4000兆回演算できる)となり、DGX-1のクラスタとしては世界最大になる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう