ニュース
» 2017年04月25日 13時29分 UPDATE

XYZプリンティング、より微細な造形が可能な光造形方式3Dプリンタ「ノーベル1.0A」

XYZプリンティングジャパンは、光造形方式3Dプリンタ新モデル「ノーベル1.0A」の発表を行った。

[ITmedia]

 XYZプリンティングジャパンは4月25日、光造形方式3Dプリンタ新モデル「ノーベル1.0A」を発表、5月8日より販売を開始する。価格は32万4000円(税別)。

 感光性樹脂を用いた光造形(SLA)方式を採用した3Dプリンタ。分解能0.13mmの高精度レーザーエンジンを採用し、従来比で2倍以上の精度を可能としたほか印刷速度の向上もあわせて実現しているのが特徴だ。造形素材は光硬化性樹脂のほか、弾性のある「フレキシブルレジン」や溶解後の残留物などが残りにくい「キャスタブルレジン」などもサポートしている。

photophoto ノーベル1.0A

 造形物の最大サイズは128(幅)×128(奥行き)×200(高さ)mmとなっている(面積の一部が100mm×100mmを超える場合は分割しての組み立てが推奨されている)。

 本体サイズは280(幅)×345(奥行き)×590(高さ)mm、重量は9.6kg(レジン500gを含む)。対応OSはWindows 7以降/Mac OS X 10.8以降。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう