ニュース
» 2017年05月02日 23時51分 UPDATE

Microsoft、新型「Surface Laptop」発表 クラムシェル型、カラバリ4色、新OS搭載 (1/2)

米Microsoftが「Surface Laptop」を発表した。

[山口恵祐,ITmedia]

 米Microsoftは5月2日(現地時間)、Surfaceブランドの新製品「Surface Laptop」を発表した。13.5型タッチディスプレイ搭載のクラムシェル型ノートPCで、ボディーにアルミニウム、パームレストとキーボードベゼルにアルカンターラ(スエード調の人工皮革)素材を採用。OSは同時発表の「Windows 10 S」を搭載する(2017年12月までWindows 10 Proに無料アップグレードが可能)。同日から予約を受け付け、出荷は6月15日。価格は999ドルから。日本での展開は未発表。

photo

 ディスプレイは10点マルチタッチ対応のPixelSense(2256×1504ピクセル、201ppi、アスペクト比3:2)を搭載。「Surface Pen」によるペン入力が可能。「Surface Book」のようにディスプレイの取り外しはできない。

 インタフェースはUSB 3.0×1、Mini DisplayPort×1、イヤフォンジャック、Surface Connect(電源および周辺機器接続用)を搭載。 ダイヤル型の周辺機器「Surface Dial」を利用できる。サイズは308.1(幅)×223.27(奥行き)×14.48(高さ)ミリ、重さ1.252キロ。

 プロセッサはインテル第7世代Core i5またはi7を搭載し、「MacBook Airより50%高速に動作する」(同社)という。メモリは最大16GB、ストレージは最大512GB SSDを選択できる。バッテリーは最大14.5時間動作するという。

 カラーバリエーションはプラチナ、バーガンディ(赤)、コバルトブルー(青)、グラファイトゴールドの計4色。

photo
photo
photo
photo
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう