ニュース
» 2017年06月10日 13時46分 UPDATE

週末アキバ特価リポート:ビットコインの影響か アキバでRadeon RX470緊急入荷の理由 (1/2)

5月末からにわかにRadeon RX580/570搭載カードが売れるようになり、アキバではすでに枯渇状態になっている。そんななか、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は旧世代のRX470を緊急入荷した。

[古田雄介,ITmedia]

「2〜3枚買われるので減りがすごく早い」――Radeon RX上位の人気急騰

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店で目立っているのは、Radeon RX470緊急入荷のPOPだ。ASUSTeKの「ROG STRIX-RX470-O4G-GAMING」(税込み2万1980円)をはじめ、玄人志向やHIS、PowerColorのカードが「最終入荷!?」の文字とともに用意されている。

 同店は「RX580/570が世界中で枯渇しているので、ならば旧世代をというニーズも高まっているんですよね。今回はそれなりの数量が入荷できましたが、POPにあるとおり、次も同じようにいくとは思っていません」と語る。

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店のPOP

 実際、秋葉原を回ってもRadeon RX580/570カードの在庫は、ごくわずかしか確認できなかった。4月の販売開始から1カ月半後の突然の動きの理由は、ビットコインの急騰だと各ショップが口をそろえる。

 ドスパラ パーツ館は「もともとRadeon RX上位は仮想通貨のマイニングに向いていると言われていて、それ目的で購入する方はちょくちょくいらしたんですが、5月末に1ビットコインが30万円を突破したころから急増したんですよ。いま残っているのは、8ピンの補助電源が2つ必要な強OCタイプだけです。この用途だと電気代がかかるのは避けたいですから」と明かす。

ドスパラ パーツ館のRadeon RX 580/570の価格表。ほとんどが「取り寄せ」となっている

 両GPUが売り切れたというパソコンSHOPアークも「マイニング目的だと複数枚挿しで使うために2〜3枚買われていく方が多くて、減りがすごく早いです。世界中で人気なので代理店にもストックがなく、次回入荷は未定です」と話す。

 なお、同店は6月9日からビットコインとMonaCoinで買い物ができるようになった。テックビューロの支払いサービス「Zaif Payment」を利用することで決済する仕組みだ。店舗もWeb通販も同様。

 アキバの自作街は今後も様々な方面から仮想通貨の影響を受けていきそうだ。

パソコンSHOPアークのRadeon RXの棚。RX 580/570が枯渇している

仮想通貨決済対応を知らせるリリースのプリント

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう