ニュース
» 2017年08月14日 15時33分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:Ryzen Threadripper登場! X399マザーだけ買う人も (1/4)

AMDのハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」と対応するX399マザーが売り出された。コアなファンの注目を集めているが、一方でX399マザーのみ購入する人もいるらしい。なぜだろう?

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

上位の16コア/32スレッド「Ryzen Threadripper 1950X」は税込み16万円弱

 8月10日22時、AMDのハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」が予定通り発売となった。上位の「1950X」は税込み15万8000円弱、下位の「1920X」は12万5000円前後となる。街全体の在庫は潤沢とはいえないまでも、売れ行きと照らし合わせて十分な数量といえそうだ。

TSUKUMO eX.の価格表

AMD「Ryzen Threadripper」

 いずれも新ソケット「Socket TR4」に対応し、PC4-21300(DDR4-2667)までをサポートする。レーン数は64で、TDPは180Wだ。CPUクーラーは同梱しない。上位の1950Xは16コア/32スレッドで、動作クロックは標準3.4GHz/ターボ4GHz。下位の1920Xは12コア/24スレッドで、標準3.5GHz/ターボ4GHzとなる。

※記事初出時、1920Xのターボ時クロックの記述に誤りがありました。正しくは4GHzになります。おわびして訂正いたします

 初回の反響は「狭く、深く」といった印象だ。深夜販売イベントを行ったパソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「AMDのハイエンドをずっと待っていた人が満を持して買いに来られるという感じですね。性能も前評判通りですし、期待値も高いと思います。ただ、高価なので一般に広がっているかといったらそうではないですね」という。TSUKUMO eX.やドスパラ パーツ館など、他の深夜販売イベント実施店舗でも同様のコメントをもらった。

「スレッドリッパー」ゆえ、初回は特製スリッパのノベルティがオマケにつくことも。写真はパソコンSHOPアーク

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店の店頭デモ

 その高価さもあり、コアなユーザーには個人輸入での入手をはかる人もいるそうだ。某ショップは「元は1950Xで999ドルということで、国内代理店の保証はいらないので海外から個人で安く仕入れようという人もいますね。そういう方は、対応マザーだけ買っていかれます。マザーはメーカー保証がほしいということで」と明かしてくれた。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう