ニュース
» 2017年08月23日 12時14分 公開

アイ・オー、Type-Cケーブルも付属したUSB外付けポータブルBDドライブ

アイ・オー・データ機器は、USB接続対応の外付け型ポータブルBDドライブ「BRP-UT6C」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は8月23日、USB接続対応の外付け型ポータブルBDドライブ「BRP-UT6C」シリーズを発表、9月末に出荷を開始する。カラーバリエーションは“パールホワイト”“ピアノブラック”“ルビーレッド”の3タイプを用意。いずれも価格はオープン、予想実売価格は1万4800円だ(税別)。

photophoto BRP-UT6Cシリーズ

 USB 2.0/3.0接続に対応した薄型デザインのポータブルBlu-ray Discドライブ。USB Type-C接続ケーブルも付属しており、最新PCでの利用もサポートしている。

 3層/4層BD-R/RE記録をサポートするほか、高信頼メディアとなる「M-DISC」への記録にも対応。本体サイズは約136(幅)×146(奥行き)×14.6(高さ)mm、重量は約240gだ。


photo BRP-UT6LEシリーズ

 このほか、付属ソフトウェアなどを簡略化した低価格モデル「BRP-UT6LE」シリーズもあわせて販売が開始される。カラーバリエーションは“パールホワイト”“ピアノブラック”の2色展開で、予想実売価格は1万800円だ(税別)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう