ニュース
» 2017年09月06日 16時01分 公開

ロジクールが7年ぶりにトラックボールを投入 究極の操作性を目指した「MX ERGO」

“トラックボーラー”待望の新モデルは9月22日発売で1万2880円(税別)。

[ITmedia]

 ロジクールは9月6日、ワイヤレストラックボールマウス「MX ERGO」(MXTB1s)を発表した。

「MX ERGO」(MXTB1s)

 「日本中のトラックボーラーの思いに応える製品を用意した」(ロジクール)と自信を見せるMX ERGOは、2010年に登場した定番トラックボール「M570」から約7年ぶりの新製品。しかもハイエンドブランドの「MX」を冠した製品とあって、「デザインから機能まで細部に渡って妥協せず、至高を目指した」(同社)という。

7年ぶりに登場するトラックボールで注力したポイントの1つは精密さ。ボール手前のプレシジョンボタンにより、dpi設定を瞬時に切り替えられる。ボールの色がこれまで採用してきた赤や青ではなくシルバーになっている理由は「センサーとの相性で最もパフォーマンスが高い色」とのこと

 最大6台までの対応デバイスを1つの超小型レシーバーでカバーするUnifying接続をサポートしたワイヤレストラックボールで、チルトホイール付きの8ボタン構成。光学式トラックボールは、320dpiのスピードモードと440dpiのプレシジョンモードをワンボタンで切り替えられる。マウスカーソルを素早く操作したいとき、逆に精密なポインティングをしたいときなど、アプリケーションにあわせた使い分けが可能だ。なお、dpiは200dpi〜2000dpiまで設定可能とのこと。同社が提示したデータでは、生産性がM570と比較して12%向上したという。

手首と前腕の筋肉の緊張を軽減する独特なフォルムと傾斜角度

 本体サイズは約51.4(幅)×99.8(奥行き)×132.5(高さ)mm。重量は約164g(底面のメタルプレートを除く)。「見て恋に落ちるデザイン、究極の機能美」をうたうボディーは、小指側に向かって傾斜角を20度まで2段階で切り替え可能。マグネットで着脱する底面のメタルプレートで簡単に角度を調整できる。

底面のメタルプレートはマグネットで強力に吸着。シーソー式で稼働し、傾斜角を2段階で調整可能だ。ソールにはラバー素材が貼られており安定感がある

 この角度は、手首と前腕の筋肉が最もリラックスする「握手の角度」を参考に決定されており、使い慣れた操作感を犠牲にせず、マウス使用時と比べて筋活動量が20%低減したとしている。

 ロジクールは「毎日パソコンの前に座って常に手を触れているマウスは、実はスマホよりも触っている時間が長いのではないか。枕やベッド、スーツなど、体に触れている時間が長いものは、その形状が快適性に直結する。MX ERGOも試行錯誤を繰り返し、究極の快適性を追求した形状だ。一度触れたら手放せなくなるはず」と自信を見せる。

開発段階のモックアップ。最適なフォルムを目指して試行錯誤を繰り返したという

 このほか、1分の充電で約8時間、フル充電時は最長4カ月使用できる高速充電バッテリーを採用。また、複数のPC/Macをコントロールし、ファイルの共有も簡単に行える「Logicool Flow」にトラックボールとして初めて対応した。

 発売日は9月22日。ロジクールオンラインストア価格は1万2880円(税別)だ。

機械式トラックボールの「TrackMan Vista」から続くロジクールのトラックボールに新たな1ページが加わった

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう