ロジクール、Adobe CCなどで使えるジョグつまみを備えたワイヤレスキーボード「KX1000s」

» 2017年08月31日 16時41分 公開
[ITmedia]

 ロジクールは8月31日、ボリューム入力デバイス“CROWN”を備えたワイヤレスキーボード「ロジクール KX1000s マルチデバイス ワイヤレス キーボード」を発表、9月15日に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は2万3750円(税別)。

photo
photo KX1000s

 Adobeとの協業で開発されたワイヤレスキーボードで、WindowsおよびMacに対応したマルチデバイス設計を採用。付属のUnifying対応USBアダプターによるワイヤレス接続のほか、Bluetooth LowEnergyでの無線接続もサポートされる。

 本体左上側にタッチセンサー式の小型入力ダイヤル“CROWN”を備えているのが特徴で、Adobe CCでの操作(コントラスト調整/透過率変更/タイムライン操作など)や、Microsoft Officeの操作などを直感的に行うことが可能だ。

photophoto

 キー構造はパンタブラフ式を採用、キーレイアウトはテンキー付きの日本語113キー配列となっている。キートップのバックライト発光機能も装備。本体サイズは430(幅)×149(奥行き)×32mm、重量は960gだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月13日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
  3. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  4. “デスクトップSSD”のメリットとは? 写真の保存に関する不安 (2024年07月11日)
  5. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  6. 実は安い? 正当進化なカラー電子ペーパー端末「BOOX Go Color 7」は、快適な読書体験ができるオススメな1台 (2024年07月10日)
  7. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  8. まだ間に合う! Steamで「Steamサマーセール2024」開催中! 最大90%以上オフのタイトルも (2024年07月08日)
  9. ロジクール、実売6000円台のワイヤレスキーボード+マウスセット (2024年07月11日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー