ニュース
» 2017年09月11日 14時19分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:Ryzen Threadripperの“初動買いケア”が始まるも「いろいろ引かれる」理由 (1/4)

Ryzen Threadripperにまつわる動きが話題になる一方で、Core Xシリーズの上位モデル「Core i9-7920X」や初の12TB HDD、5万円のRyzenマザーなどハイエンドな新製品が目立つ一週間だった。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「Core i9-7920X」登場も様子見が多勢、Threadripper初動買いケアも反響は薄めか

 先週、IntelからCore Xシリーズの上位モデル「Core i9-7920X」が登場した。これまでの最上位「i9-7900X」(10コア/20スレッド)の1つ上に位置づけられるCPUで、12コア/24スレッド、44レーン構成となる。クロック数はベース2.9GHz/ターボ4.3GHz。税込み価格は14万円弱から15万円弱の間となる。

 LGA 2066対応の最上位モデルとなるが、初動はいまひとつの様子。パソコンSHOPアークは「i9-7900Xなどが登場してまだ2カ月弱しか経っていませんし、先々にはさらに上位モデルの投入も予定されているので、なかなか手を出しづらいところなのかなと思います。価格や性能的にRyzen Threadripper対抗でラインアップしておく必要があるんでしょうけど」と淡々と話していた。

Intel「Core i9-7920X」

パソコンSHOPアークに張られているCore Xシリーズの価格表

 対抗と目されているRyzen Threadripperのほうも動きがあった。既報の通り、日本AMDは、8月30日までに1950X/1920Xを初動価格付近で購入した人を対象に現行価格分との差額に相当するQuoカードを配布すると発表。1950Xなら1万8000円分、1920Xなら1万3000円分となる。受付期間は9月25日までだ。

 複数のショップでこの措置の告知が行われたが、全体的に反応は薄い様子。ドスパラ パーツ館は「元々詳しい人が買っていく製品なので、状況をつかんだうえで直接アプローチしているのかもしれません」と推測していた。

 ただし、思わぬところで不審も生じているようだ。別のショップは「告知している日本AMDのツイッターアカウントを疑う人がいるんですよね。ノベルティを撮影したような微妙なアイコンをつかっていますし、公式サイトのほうにはQuoカードの情報がありませんし。調べてみれば日本AMDときちんとひも付けされるんですが、確かに微妙です。価格改定に対する措置としても異例ですし、いろいろなところで“引かれて”いる感はあります。正直、私も同感です……」とこぼしていた。

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店に張り出された告知

AMDJapanのTwitterで告知されたURLからダウンロードしたPDF

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう