ニュース
» 2017年09月14日 11時58分 公開

エプソン、3800ルーメン以上の明るさを実現したビジネスプロジェクター4製品

エプソンは、教育現場やオフィスなどでの利用に向く3LCD方式採用のビジネスプロジェクター計4製品を発表した。

[ITmedia]

 エプソンは9月24日、教育現場やオフィスなどでの利用に向くビジネスプロジェクター計4製品「EB-990U」「EB-980W」「EB-970」「EB-960W」を発表、11月に販売を開始する。いずれも価格はオープン、予想実売価格はそれぞれ20万6000円/17万2000円/13万8000円/14万8000円だ(税別)。

photo
photo EB-990U(上)、EB-960W(下)

 いずれも3LCD方式を採用したビジネスプロジェクターの新モデルで、3800lm(ルーメン)の明るさと1万5000:1の高コントラスト比を実現しているのが特徴だ(EB-970は4000lm)。

 表示解像度はEB-990UがWUXGA(1920×1200ピクセル)、EB-980W/EB-960WがWXGA(1280×800ピクセル)、EB-970がXGA(1024×768ピクセル)に対応。また EB-960Wは短焦点レンズを搭載し、短距離からの大画面投写を実現した。

 映像入力はHDMI(MHL対応)、アナログD-Sub、コンポジットビデオ入力をサポート。PCとUSB接続で手早く映像出力ができるUSBディスプレイ機能のほか、PC/スマートフォン/タブレット機器などからワイヤレスで投写が可能なアプリ「Epson iProjection」にも対応した。また今回新たに、PC/スマートフォン/タブレット機器に投写画像の配信を行える「画面配信」機能も利用可能となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう