レビュー
» 2017年11月03日 09時31分 公開

iPhone Xの顔認証 メイク顔とスッピンで認証してくれる?

女性が気になるiPhone Xの顔認証をチェック。

[らいら,ITmedia]

 ついに発売されたiPhone X。指紋認証の代わりに顔認証の「Face ID」が採用され、ロック解除やApple Payの認証がよりスムーズになりました。確かに便利そうではありますが、女性として気になるのは、メイク顔とスッピンが違っても、きちんと認証してくれるのかどうかということ!

果たしてスッピン髪ボサでも私だと認証してくれるのでしょうか

 そこで今回、Face IDの精度を検証してみました。ちなみに写真はiPhone Xの前面カメラを使い、ポートレートモードで撮影しています。前面カメラの実力チェックと合わせてどうぞ。

最初に通常メイクでFace IDを登録

 まずは自分の顔をFace IDに登録します。登録と言っても、画面の指示に従って、前面カメラに向かって顔をくるりと回す動作を2回行えばOKです。本体前面の上部にあるTrueDepthカメラが、3万以上の目に見えないドットを顔に投射し、顔を3Dで認識します。

Touch IDではホームボタンに指を何度か押して指紋を登録していましたが、それよりも簡単にかつスピーディーに完了します

 今回はフルメイクをした状態でFace IDを登録しました。使っているのは、ファンデーション、アイブロウパウダーと眉マスカラ、ブラウンのアイシャドウ、マスカラ、チーク、リップ、ハイライトとシャドウくらい。メイクにかかった時間は20分ほど。特に濃いとも薄いとも言われない普段のメイクです。

まずは普段のメイクでFace IDを登録。iPhone Xの前面カメラを使い、ポートレートモードで撮影しました。後ろがキレイにボケているのが分かります

 登録したメイク顔をiPhone Xにかざすと、ロックは一瞬で解除されました。まるでロックをかけていないときと同じくらい、スムーズに画面を開くことができます。なんてシンプル!

 次にコッテコテの“舞台メイク”でFace IDを試しました。目の周りはリキッド、ペンシル、クレヨンのアイライナーで派手に囲み、目のサイズは1.2倍に。それでも問題なくロック解除できました。

ついでにチークやリップも濃い目に塗りましたが無関係でした。Face IDは顔の深度マップを使っているので、顔の色味よりも輪郭や顔の凹凸を見ているようです。ビューラーを持っていなかったのが悔やまれる……!

 ではスッピンはどうでしょうか? 結果は……問題なくロック解除できました! ただもともと私の顔が濃い方なので、認証のハードルが低かったかも。目のサイズが倍になるような、別人クラスの変化を起こせる女子がいたら、Face IDに挑戦してみてください。

スッピンでも問題なく認証できました。ついでに前髪の分け目も変えてみたけどまったく関係なし

 もし整形メイクのせいで最初は認証されなかったしても大丈夫。認証に失敗するとパスコードの入力画面が出てくるので、パスコードでロックを解除できます。

 さらにFace IDは機械学習を行うので、パスコード入力で認証するうちに、整形メイクの顔とスッピンどちらも登録した本人だと徐々に学習していきます。3〜4回繰り返せば、最終的にはどちらの顔でもFace IDでロック解除できるようになるというスムーズな仕組みが構築されています。

 iPhone X発表当時は、「メイクで顔が変わるから顔認証が不安」という女性の意見をよく目にしましたが、このように心配する必要はまったくなし! 安心して可愛いは作れます。

このように一瞬指で顎までマスクを下げれば認証されますが、マスクのときってスッピンもしくはアイメイクしかしていないときが多いですよね(マスクにメイクがついてしまうので)

 唯一不満があるとすれば、マスクを着用すると認識してくれなかったことくらいでしょうか。これからの季節、日本では特にマスクをつける機会が増えるので、少しだけ面倒くさいように思いました。女性の場合、スッピンを隠すためにマスクをつけるパターンも多いので、外だと顔認証はちょっと恥ずかしいかも。スッピンを見られるのがどうしてもイヤなら、パスコードで解除しましょう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう