ニュース
» 2018年01月09日 15時38分 公開

伝説のマウスが復活「Classic IntelliMouse」

かつてゲーマーに愛された「IntelliMouse Explorer 3.0」のフォルムをそのままに最新のマウス技術を搭載した「Classic IntelliMouse」が登場した。

[ITmedia]

 日本マイクロソフトは1月9日、「Microsoft IntelliMouse」シリーズの最新モデル「Classic IntelliMouse」を1月26日に発売すると発表した。参考価格は4300円(税別)。

Microsoft Classic IntelliMouse

 Microsoft IntelliMouseシリーズの登場は1996年。その後、モデルチェンジを繰り返す中で、ボール式から光学式への移行やチルトスクロールホイールの採用など、現在のマウスの基礎を作る(当時としては)革新的な機能を数多く搭載したことで知られている。特にゲーマーから支持された「IntelliMouse Explorer 3.0」(2002年発売)は“伝説”と形容されるほどの人気を博した。

 同モデルは後継の「IntelliMouse Explorer 4.0」に席を譲る形で終息したが、その人気は根強く、2007年に復刻版のIntelliMouse Explorer 3.0が登場。それも2010年には生産を終了している。

 今回発売されるClassic IntelliMouseは、「IntelliMouse 3.0にインスパイアされた」(同社)モデルで、フォルムや機能はそのままに最新の機能追加と改善を施したという。

IntelliMouse 3.0のフォルムを継承

 具体的には、カスタマイズ可能な割り当てボタン、エルゴノミクスデザイン、有線USBを継承しつつ、Bluetrackテクノロジーや可変解像度といった最新機能を搭載している。

 主なスペックは、読み取り速度が3000fps、解像度が400〜3200dpi(可変)、追跡速度が毎秒最大1016mm。本体サイズは約132(幅)×69(奥行き)×43(高さ)mm、重量は約129g。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう