ニュース
» 2018年02月07日 15時45分 公開

プラネックス、防水防じん対応の法人向けネットワークカメラ

プラネックスコミュニケーションズは、PoE受電に対応した法人向けネットワークカメラ計2製品の販売を開始する。

[ITmedia]

 プラネックスコミュニケーションズは2月7日、PoE受電に対応した法人/SOHO向けネットワークカメラ計2製品「CS-QP50F」「CS-QP80F」を発表、本日販売を開始する。ともに価格はオープン。

photophoto CS-QP50F(左)、CS-QP80F(右)

 ともに有線LAN接続に対応したネットワークカメラで、IP66相当の防水/防塵(じん)設計を実現し屋外設置にも対応した。CS-QP50Fはコンパクトなドームタイプ、CS-QP80Fは遠距離監視にも適したバレットタイプの筐体を採用。ともに200万画素CMOSセンサーを採用しフルHDでの撮影が可能だ。赤外線LEDでの暗視撮影にも対応、周囲の明るさに合わせて自動で暗視撮影を行うことができる。

 カメラ操作は無料の専用アプリを利用できる他、複数台のモニタリングや録画などを行えるWindows用アプリ「スマカメPro」にも対応している(別売)。

 2モデルともに、カメラ単体での販売に加えPoE対応スイッチセット(CS-QP50F-IMP2、CS-QP80F-IMP2)およびPoEアダプターセット(CS-QP50F-ING、CS-QP80F-ING)も用意される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう