ニュース
» 2018年02月09日 15時27分 公開

CORSAIR、Cherry MX赤軸採用のワイヤレスゲーミングキーボード

リンクスインターナショナルは、米CORSAIR製のワイヤレスゲーミングキーボード「K63 Wireless」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 リンクスインターナショナルは2月9日、米CORSAIR製のワイヤレスゲーミングキーボード「K63 Wireless」の取り扱いを発表、2月17日に発売する。予想実売価格は1万6740円(税込み)。

photo K63 Wireless

 Cherry MX Redメカニカルキーを採用したゲーミングキーボードで、128bit暗号化と低遅延接続を実現する2.4GHz帯ワイヤレス接続とBluetooth 4.2接続(およびUSB有線接続)に対応した。

 テンキーレスの日本語配列を採用。複数キーの同時押しが可能なNキーロールオーバーや、高速入力を確実に認識するアンチゴースト機能も備えている。

 青色LEDでのバックライト発光ギミックも搭載。専用ソフトで発光のカスタマイズやマクロ設定などを行うことが可能だ。

 内蔵バッテリー駆動時間は、バックライト使用時で約15時間、非使用時で最大75時間。本体サイズは366(幅)×173(奥行き)×41(高さ)mm、重量は約1.09kg。


 また専用オプションのラップボード「K63 Wireless Gaming Lapboard」も合わせて発売される。K63 Wirelessを膝上利用するために便利な着脱式のフレームで、底側には低反発フォームを装備、一体型のリストレストやマウスパッドも備えている。予想実売価格は9720円(税込み)。

photophoto K63 Wireless Gaming Lapboard(左)、利用時のイメージ(右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう