ニュース
» 2018年03月05日 17時26分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:GPU入りRyzenの人気で対応mini-ITXマザーが品薄に (1/4)

GPU機能搭載のRyzen「Raven Ridge」は発売以来品薄傾向が続いているが、最近はCPU以上に、Raven Ridge対応mini-ITXマザーの在庫状況が心配されるケースが増えている。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「発注しても半月待ちはザラ」――マザーの中で局所的に品薄

 2月13日に発売された、開発コード名「Raven Ridge」ことGPU搭載Ryzenは、3月に入っても売れ行き好調だ。

 「供給はまだ追いついていません。特に上位のRyzen 5 2400Gは品薄ですね」(TSUKUMO eX.)といった声が複数のショップから聞こえてくるが、それでも入手性は着実に良くなっている。アキバ全体を通して、価格表に「入荷待ち」の札があまり見られなくなったのは確かだ。

パソコンSHOPアークのRyzen G価格表

 それよりも品薄ぶりが深刻化しているのはRyzen対応mini-ITXマザーだ。映像出力端子を備えるモデルが複数社から登場しているが、軒並み供給が追いついていない状況だという。

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「Raven RidgeはCPU全体で見てもかなり好調に売れています。そして、mini-ITXマザーとセットで買われていく方が圧倒的に多いです。ですからマザーボードでもココだけがピンポイントで品薄になっているんですよね。ウチの場合、ASRockのB350モデルはどうにか在庫が確保できていますが、再入荷はスムーズにはいかないでしょう」と語る。

 他店でも「代理店に『発注しても少なくても半月は見てくれ』と言われました」といったコメントを聞いた。

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店が在庫している、ASRock「Fata1ity AB350-Gaming-ITX/ac」

一方、TSUKUMO eX.は「Fata1ity X370-Gaming-ITX/ac」のみ在庫していた

 先週末はASRockから、映像出力端子つきのATXモデル「X370 Pro4」が税込み1万5000円前後で登場しているが、Raven Ridge用の本命はやはりmini-ITXマザーのようだ。某ショップは「X370モデルのなかでもコスパがいいですし、一般的なRyzen用としては人気が出そう。映像出力は使われないんじゃないですかね」と話していた。

ASRock「X370 Pro4」

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう