ニュース
» 2018年03月12日 14時12分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:RX 560の“OC抑えめ版”が登場 先行モデルより5000円以上高くショップ困惑 (1/4)

Radeon RX 560(2GB)のOC幅を抑えたモデルが登場した。先行して出回っていたOCモデルより5000円以上高い2万1000円強。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

ハイエンドは1万円以上アップがザラ――悩ましいグラフィックスカード事情

 先週、普段とは別の角度から注目を集めている新製品があった。SapphireのRadeon RX 560カード「PULSE RADEON RX 560 2G GDDR5 OC(11267-22-20G)」で、税込み価格は2万1000円強。コアブーストクロックは1226MHzとなり、2GB GDDR5メモリは6000MHzで動作する。補助電源は非搭載だ。

 同時に4GBメモリ版の「PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5 OC(11267-18-20G)」も出回っており、こちらは同2万4000円弱。補助電源は6ピン1基。

Sapphire「PULSE RADEON RX 560 2G GDDR5 OC(11267-22-20G)」と「PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5 OC(11267-18-20G)」

 注目されている理由は価格だ。2017年5月登場の旧モデル「PULSE RADEON RX 560 2G GDDR5 OC(11267-02-20G)」の税込み価格1万6000円強よりも5000円以上高い。旧モデルは6ピン補助電源が1基つく仕様だが、コアブーストクロック1300MHz/メモリクロック7000MHzと仕様は上。市場在庫が併売される状況で、このラインアップに困惑する声が複数のショップからあがっている。

 某ショップは「新版は補助電源なしで使えるくらいの利点しかないですが、それでこの値段差は……。グラフィックスカード全体の値上がりと為替のタイミングが悪い意味で重なってしまったみたいですね」とこぼしていた。

TSUKUMO eX.に並ぶ旧モデル(左)と新モデル(中央)

 グラフィックスカードは以前お伝えした通り、さまざまな要因が重なって特に年明けから値上がり傾向にある。ミドルレンジ以上は軒並みアップしており、GeForce GTX 1070以上では2カ月で1万円以上上がったモデルもみられる。

 パソコンSHOPアークは「ここまで短期間でものすごい上がり方をしたのは経験がありません。部品不足や世界的な需要増などが重なっていて、本当に終わりが見えないんですよね」と話していた。

 とはいえ、供給量自体は緩やかな回復傾向にある。「ほしいときが買いどき」。先週、なぜかよく耳にした言葉だ。

パソコンSHOPアークのグラフィックスカード売り場。購入制限は継続しているものの、在庫状況は良くなっている

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう