連載
» 2018年03月29日 17時51分 公開

アップルPickUp!:行列に並びたくない……iPhoneでSuica定期を利用する手順

通勤、通学用のSuica定期を購入するなら便利でおトクなApple Payで。

[らいら,ITmedia]

 年度末および年度始めは、通勤、通学用のSuica定期券購入のためにJRの各駅が混雑する時期。毎年この時期には、申込用紙を記入して窓口に並ぶ人たちをよく見かけます。しかしApple Payなら、Suica定期券の購入や更新が並ばずに簡単にできます。

 Apple Pay対応モデルは、iPhone 7/7 Plus以降のiPhone、Apple Watch Series 2以降のApple Watchの各機種。用意するものは、対応端末とSuicaアプリ、クレジットカードの3つです。

Suica定期券もiPhoneの中に入れてしまいましょう

 初めてApple PayでSuicaを利用する場合は、会員登録した上で、Suicaアプリで「Suica発行」をタップ。「Suica定期券」を選択して画面の指示に従い、定期券を購入します。定期券は使用開始日の14日前から購入可能。すでに駅券売機や窓口で作った定期カードがある場合もiPhoneに読み込めます。

定期券のプラスチックカードをiPhoneに読み込むには、「Wallet」アプリを開き「+」ボタンをタップ。画面の指示に従い、iPhoneの上部をカード中央部の上に置いてカードを転送します

 既にApple PayのSuicaアプリがある場合は、「チケット購入・Suica管理」から「定期券」を選んで、新規購入か継続購入か、画面の指示に従って購入します。

Suicaアプリを起動し、右下タブの「チケット購入・Suica管理」をタップ
「定期券」を選択して「モバイルSuica定期券」をタップ。あとは新規購入か継続購入か、画面の指示に従って定期を発行します

 なお、JR東日本は、2018年4月30日までの期間中、新規にApple PayでSuicaの利用を開始し、5000円以上の電子マネー決済をすると、Suicaチャージ1000円分をプレゼントするキャンペーンを実施中(鉄道・バス等 交通での利用は除外)。

キャンペーン詳細はJR東日本の特設ページをチェック

 さらに、既にApple PayでSuicaを利用するユーザー向けにも、期間中、SuicaアプリまたはWalletアプリで、対象の定期券を新規購入・継続購入すると、Suicaチャージ1000円分がプレゼントされます。

 便利でおトクなApple Pay、今年こそデビューしてみてはいかがでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう