ニュース
» 2018年04月05日 16時22分 公開

EIZO、マンモグラフィ向けのデュアル構成モノクロ液晶ディスプレイ「RadiForce GX560 MammoDuo」

EIZOは、マンモグラフィ向けのデュアル構成モノクロ液晶ディスプレイ「RadiForce GX560 MammoDuo」を発表した。

[ITmedia]

 EIZOは4月5日、マンモグラフィ向けのデュアル構成モノクロ液晶ディスプレイ「RadiForce GX560 MammoDuo」を発表、9月3日に発売する。価格はオープン。

photo RadiForce GX560 MammoDuo

 同社製の医用モノクロ液晶ディスプレイ「GX550」の後継機種。複数の画像を並列表示して観察するマンモグラフィ向けに設計されているのが特徴で、21.3型ディスプレイ2面を専用スタンドで一体化した。狭額縁デザインを採用したことで、左右の画像を見比べる際にも滑らかな目線移動が可能だ。

 また、画像の関心領域のみに焦点を絞って観察しやすくする「Point-and-Focus(ポイント・アンド・フォーカス)」機能や、2台のPCの操作を1組のキーボードとマウスで行える「Switch-and-Go(スイッチ・アンド・ゴー)」機能なども備えている。

photo

関連キーワード

ディスプレイ | EIZO | モノクロ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう