PC USER Pro
ニュース
» 2018年06月13日 12時24分 公開

マウス、Windows 10 IoTを搭載した業務向けの超小型PC「MousePro-C100P-IoT」

マウスコンピューターは、本体重量約164gの超小型ファンレス筐体を採用した業務用PC「MousePro-C100P-IoT」を発売する。

[ITmedia]

 マウスコンピューターは6月13日、超小型筐体を採用した業務用PC「MousePro-C100P-IoT」を発表、本日販売を開始する。価格は3万9800円から(税別)。

photo MousePro-C100P-IoT

 本体サイズ70(幅)×70(奥行き)×34.1(高さ)mm、重量は約164gのミニ筐体を採用するデスクトップPCで、OSとしてWindows 10 IoT Enterpriseを導入、デジタルサイネージやPOSレジ端末、KIOSK端末など特定業務用端末として用いることができる。業務内容に応じ、アプリケーションの動作を制限できる「App Locker」、非承認USBデバイスのアクセスを制限する「USB Access」、再起動でOSを初期状態に戻す「Unified write Filter」機能なども利用可能だ。

 プロセッサはCelron N3350(1.1GHz、最大2.4GHz)を、メモリは4GB、ストレージはeMMC 64GBを内蔵。microSDスロット、HDMI映像出力、USB 3.0×1、USB 2.0×1、ギガビット対応有線LAN、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 4.0なども備えている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう