連載
» 2018年06月19日 06時00分 公開

アップルPickUp!:これぞ新時代の観戦スタイル! NHKのロシアW杯アプリがとにかくすごい

[らいら,ITmedia]

 2018 FIFAワールドカップロシア大会が、6月14日開幕しました。2018年は地上波で全64試合が放送予定。サッカーファンにとってこの1カ月は、絶対に負けられない戦い(眠気)となりそうです。

 しかも2018年は、NHKの公式W杯アプリがすごすぎて、さらに睡眠時間が削られそう。テレビ視聴とは全く異なる観戦スタイルで、今までの何倍も試合を楽しめます。

これが「NHKの本気」ッ……!(NHK公式サイトより)

 まずすごいのが、NHKの地上波で生中継する32試合がライブ配信され、残りの32試合も見逃し視聴ができること。外出先でも視聴を諦めなくてすみます。日本語実況付きがいいなら、別途「NHKスポーツアプリ」をダウンロードしておきましょう(24試合配信予定)。

NHKスポーツアプリでは24試合が日本語実況付きで放送と同時に配信予定とのこと

 さらにすごいのが、ゴールなどの重要なシーンがさまざまな角度から味わえるマルチアングルカメラ機能です。開幕戦のロシア対サウジアラビアの見逃し配信を確認すると、1シーンにつき最大15台のカメラ映像が用意されていました。せいぜい4〜5台と思っていたのに、15台って!!

テキスト実況の「別カメラ」をタップすると、マルチアングルに切り替えられます

 ワイヤカメラ、ゴール裏、クレーンカメラなど、テレビでは一瞬しか映らないようなカットでも、アプリなら一連のシーンをダイナミックに楽しめます。上空視点の戦術カメラなんて、各選手の連動する動きが見えて最高。これだけの視点があれば、フリーキックの軌道が分かりやすく見られそうで、今からわくわくしています。

さらに見逃し配信では、「マルチアングル」タブで4分割映像などを楽しめます

 アプリの使い勝手もすばらしく、テキスト実況のキーポイントからすぐに該当のシーンにジャンプできます。見たいシーンだけを、見たい角度から、見たいだけ再生できてこれまた快適。忙しいときは、豊富なハイライト動画で試合をサクッとチェックできます。

「動画」タブでは、大会のプレーバックやスタジアム紹介動画を視聴可能

 また動画だけでなく、大会全体の合計・ゴール数、走行距離から、試合ごとのチームデータ、各選手のパス精度や走行距離ランキングなど、各種データも充実。大会をやいのやいの語って盛り上がるには十分すぎるほどのデータがそろっています。

データが全てではありませんが、チームの戦術を分析したり、貢献した選手、そうでない選手を語ったりする参考にはなります

 これだけの機能がありながら、アプリは事前登録なしで無料で利用できます。お気に入りチームを設定しておくと、キックオフやゴールなどの通知がリアルタイムで届くようになります。ぜひ日本を登録しておきましょう。

 NHKによると、今回の配信は総務省の認可を受け、NHKのインターネットサービスの改善・向上に役立てるために試験的に行うものだそうです。

 また、通信量の目安は1時間視聴で最大700MBとのこと。1試合およそ1GB程度消費すると考えておけばよさそうです。ロシアW杯は7月15日まで開催されるので、外出先でがっつり視聴しそうな人は、今月のうちに来月のデータ通信を大容量プランに変更しておいたほうがいいかも?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう