連載
» 2018年07月10日 06時00分 公開

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:家の中で「財布や鍵が見つからない」をAmazon Echoで解消するワザ (1/2)

スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は「Amazon Echo」から財布や鍵の置き場所を探せる、今どきのスマートタグ「Tile」の使い方を紹介する。

[山口真弘,ITmedia]

 ここ1〜2年で参入メーカーが劇的に増え、家電量販店でも特設コーナーが作られるようになりつつある“旬のアイテム”が、セキュリティタグだ。タグを財布や鍵などに取り付けておくことで、スマートフォンからの操作によって音や光で通知して、置き場所を特定できるようになる。

tile 財布や鍵などに取り付けておくことで、スマートフォンから置き場所を探せるセキュリティタグ。写真は米Tileのスマートタグ「Tile Mate」(米TileのWebサイトより)

 最近、このセキュリティタグのうち、スマートスピーカーと連携できる製品が登場しつつある。つまりスマートスピーカーに音声で尋ねることで、タグのアラームが鳴り、持ち物の置き場所が分かるというわけだ。朝の忙しいとき、財布や鍵をどこに置いたか分からない場合に、わざわざスマホを開くこともなく探せるので大変便利だ。

 今回は実際に、どのような使い勝手なのかを試してみよう。

Alexaスキルを有効化して既存アカウントとリンクさせるだけ

 今回は数あるセキュリティタグの中から、米国発のスマートタグである「Tile」シリーズを試してみた。国内ではやや後発だが、北米圏では高いシェアを誇っており、用途別に複数のモデルを用意しているのも魅力だ。

 ちょうど2018年6月にスマートスピーカーの「Amazon Echo」で使える「Alexa」スキルがリリースされたというタイミングのよさもあり、今回はこのTileシリーズ(「Tile Mate」と「Tile Slim」の2モデル)に絞って紹介する。

tile スマートタグの「Tile Mate」(左)と「Tile Slim」(右)、そして「Amazon Echo Dot」(奥)。スマートタグを財布や鍵に取り付けることで、スマホから音を鳴らして所在を確認できる。今回、Amazon Echoからも音を鳴らせるようになった
tile Tile Mate(左)は500円玉サイズ、Tile Slim(右)は名刺を正方形に切り詰めたくらいのサイズ。中央のロゴはボタンになっており、押すとアラームを停止できる
tile 厚みはTile Slim(下)が約2mmと圧倒的に薄く、名刺入れなどにも入れやすい

 製品の初期設定、つまりスマホからTileを呼び出すのに必要なリンクは完了しているものとして、ここにAmazon Echoを参加させ、音声で呼び出せるようにするための手順は、大きく2つに分けられる。

 まずはAlexaアプリを開き、「Tile」という名前のAlexaスキルを探して有効にする。端末の住所を読み取る権限をリクエストされるので、そのまま保存する。まずこれが第1段階だ。

 続いて、既存のTileアカウントと連携させるためのフォームが表示されるので、メールアドレスとパスワードを入力して連携させる。

 作業は基本的にこれだけで、後はAmazon Echoに声を掛けるだけで、Tileを呼び出せるようになる。連携済みのTileとスマホの組み合わせにAmazon Echoを追加するだけなので、手間らしき手間は全く掛からない。

tiletile 事前に、スマホとTileを連携させ、スマホから呼び出せるよう設定しておく(画像=左)。まずはAlexaアプリ「Tile」を有効化する(画像=右)。端末の住所の読み取り権限を求められるので、許可した上で保存する
tiletile 続いて、TileアカウントのIDとパスワードを入力してサインインする(画像=左)。リンク完了(画像=右)。後は「Alexa、Tileで○○を鳴らして」と呼び掛けるだけだ

「Alexa、Tileで鍵を鳴らして」ですぐに見つかる

 実際にTileを呼び出すには、Alexaに「Tileで○○を鳴らして」と呼び掛ける。○○の部分は、スマホのTileアプリで設定した「財布」「鍵」などの呼び名がそのまま使われるので、もし呼びにくかったり、あるいはうまく認識できなかったりする場合は、Tileアプリで別の語に書き換えてやるとよい。

 なお、Tileはインターネットに直接接続しているわけではなく、Bluetooth経由でスマホからインターネットに接続しているので、Amazon Echoから呼び出したときにTileの近くにスマホがなかったり、あっても機内モードなどになっていたりする場合は、応答ができない。あくまでもBluetoothでスマホを介して、インターネットから見つけられることが前提だ。

【訂正:初出でTileが応答できない場合の説明に一部誤りがあり、スマホの設定について「機内モード」と訂正しました。2018年7月12日午後14時】

 もっともTileが見つからない場合は、Tileの所在が最後に確認された住所を読み上げてくれるので、所在地を確認するという意味では、十分に目的を果たせる。ちなみにTile自体にはユーザー同士で連携し、外出先で行方不明になった落し物を探す機能もあるので、Amazon Echoから呼び出せなくとも、スマホを使っての追跡は可能だ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう