ニュース
» 2018年07月12日 23時00分 公開

「MacBook Pro」2018年モデル登場 6コアi9、メモリ32GB、True Toneディスプレイ対応 (1/2)

Appleは7月12日、ノート型Mac「MacBook Pro」の新モデルを発表した。サイズは13型と15型の2種類を用意し、それぞれスペースグレーとシルバーのカラーバリエーションを用意する。同日から公式オンラインストアと一部のApple Storeで発売する。

[井上輝一,ITmedia]

 Appleは7月12日、ノート型Mac「MacBook Pro」の新モデルを発表した。サイズは13型と15型の2種類を用意し、それぞれスペースグレーとシルバーのカラーバリエーションを用意する。同日から公式オンラインストアと一部のApple Storeで発売する。

「MacBook Pro」2018年モデルが登場

最大6コアi7&メモリ32GBにスペックアップ True Toneディスプレイにも対応

 2016年に発表した従来の15型MacBook Pro上位モデルが、4コアの第6世代Core i7とメモリ16GBであったのに対し、2018年の上位モデルでは6コア2.6GHz動作(最大4.3GHz)の第8世代Core i7、メモリ32GBを選択できるようになった。これにより、15型では従来より最大70%高速な処理が可能になったという。

 また2018年モデルは全て、ディスプレイの色温度を最適に調整する「True Toneテクノロジー」に対応。デザインや編集、ウェブの閲覧などでより自然な視覚体験が得られるという。

 iMac Proに搭載した、セキュリティ用の「Apple T2チップ」もMacBook Proに初採用。セキュアブートと、ストレージのオンザフライ暗号化への対応、「Hey, Siri」の呼び掛けによるSiriの起動が可能になった。

 搭載するキーボードも、第3世代にアップデートした。「より静粛にタイピングできるように改良した」としている。

 15型、13型いずれのモデルもTouch Barを搭載する。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう