レビュー
» 2018年09月06日 15時37分 公開

タッチパッドがディスプレイ!? ASUSのプレミアムノート「ZenBook Pro 15 UX580」徹底レビュー (1/4)

「ZenBook Pro 15 UX580」はCore i9を搭載するハイスペックなシステムに独自の「ScreenPad」も内蔵するASUSのフラグシップノートPCだ。じっくりレビューしていこう。

[鈴木雅暢,ITmedia]

 ASUSTeKの「ZenBook Pro 15」は、重量約2kg、厚さ18.9mmのフォームファクターに、IntelのCore i9をはじめとするハイスペックを詰め込んだぜいたくなプレミアムノートPCだ。タッチパッド部にディスプレイ(ScreenPad)を搭載するユニークな製品だが、それ以外にも見どころは満載。プレミアムノートPCとしての性能、使い勝手はどうなのか。最上位モデルの評価機を入手したので、じっくりレビューしていこう。

ZenBook Pro 15 UX580は、ASUSTeKのフラグシップノート。最上位モデルのUX580GEは、4K表示対応の15.6型液晶ディスプレイ、Core i9-8950HK、GeForce GTX1050 Tiなど妥協ないスペックを備える
ZenBook Pro 15 UX580のスペック

プレミアムなオーラがあふれるスリムボディー

 アルミニウム合金のインゴット(塊)から削り出したユニボディーは高級感たっぷり。「ディープダイブブルー」と呼ばれる濃いブルーをメインに、赤みがかった金色「ローズゴールド」を差し色に使用し、天板にはZenBookシリーズの象徴であるスピン加工を施している。

 ボディーのサイズは、約365(幅)×242(奥行き)×18.9(高さ)mm。15型クラスの液晶ディスプレイを搭載した製品としては標準的なサイズ感だ。重さは約2.01kg。据え置きでの利用が基本となるだろうが、いざというときには持ち出せる可搬性を確保している。付属のACアダプターの実測サイズは約160(幅)×77(奥行き)×27(高さ)mm。150Wと出力が大きいためコンパクトとはいえないが、スリムでそれほどかさばらないフォルムにまとまっている。

ボディーのサイズは、約365×242×18.9mmで重さは約2.01kg。15型クラスの液晶ディスプレイを搭載した製品としては標準的なサイズ感だ
「ディープダイブブルー」と呼ばれる濃いブルーに赤みがかった金色「ローズゴールド」を組み合わせた配色は高級感たっぷり。ZenBookシリーズの象徴であるスピン加工も印象的だ
付属のACアダプターの実測サイズは約160×77×27mm。出力仕様は150Wだ
バッテリー容量は71Wh。駆動時間は約4.7時間と長くはないが、49分で60%まで充電できる急速充電に対応する

モバイル最高峰! Core i9-8950HKを搭載するぜいたくな基本スペック

 CPUはIntelのCore i9-8950HKを搭載。開発コードネーム「Coffee Lake-H」ベースの第8世代Coreの最高峰モデルだ。6コア・12スレッドで、基本周波数が2.8GHz、Intel Turbo Boost Technology 2.0により最大4.8GHzで動作するというモバイル向けとしては突き抜けたスペックを持つ。

 メモリ容量は16GB、ストレージもPCI Express SSD(NVMe対応)を1TBとぜいたくに備える。さらに、グラフィックス機能には外部GPUとしてNVIDIA GeForce GTX 1050 Ti(4GB)を搭載しており、クリエイティブアプリケーションのGPUアクセラレーションが利用できる他、ゲームも楽しめる。

CPU-Zの画面。CPUは開発コード名「Coffee Lake-H」こと第8世代Core(高性能ノートPC向け)の最高峰モデルであるCore i9-8950HKを搭載している。6コア・12スレッドで、動画編集までパワフルにこなせる
HWiNFOの表示によれば、Core i9-8950HKは、6コアアクティブ時の最大周波数4.3GHz。これはデスクトップ向けのCore i7-8700Kと同じだ。また、Turbo Boostの基準となるPL1は60W、PL2は90Wに設定されているようだ
GPU-Zの画面。外部GPUとしてNVIDIA GeForce GTX 1050 Tiを搭載。フルHD解像度なら大抵のゲームをプレイできる性能を持つ。クリエイティブアプリケーションでもGPUアクセラレーションを利用できる
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう