ニュース
» 2018年10月04日 13時10分 公開

4モデル用意:液晶×電子ペーパーの2画面構成――「Yoga Book C930」日本上陸 12万円台半ばから

Lenovoの電子ペーパー付き2in1モバイルPCの日本発売が決定。CPUのグレードは2種類から選択可能で、それぞれに「Wi-Fiモデル」「LTEモデル」を用意する。

[井上翔,ITmedia]

 レノボ・ジャパンは10月4日、液晶と電子ペーパー(E-Ink)の2画面2in1モバイルPC「Yoga Book C930」を国内で販売することを発表した。想定販売価格は12万4800円(税別)からで、同社のWeb直販サイトでは10月12日から予約販売を開始する。

Yoga Book C930 Yoga Book C930

 Yoga Book C930は、Lenovoが「IFA 2018」に合わせて発表した新モデル。2016年に発売された「Yoga Book」のコンセプトを継承し、タッチキーボードを電子ペーパーに置き換えることで利便性を高めた。

 日本では、CPUの違いとLTEモジュールの有無によって計4モデルを用意する。いずれも「アクシデント・ダメージ・プロテクション」(拡張保証)を1年分無料で付帯する。Core i5モデルについては、ペンも付属する。

 各モデルの想定販売価格は以下の通り。

  • Core m3-7Y30・Wi-Fiモデル:12万4800円
  • Core m3-7Y30・LTEモデル:13万9800円
  • Core i5-7Y54・Wi-Fiモデル:14万9800円
  • Core i5-7Y54・LTEモデル:16万4800円

 ストレージはCore m3モデルが128GB、Core i5モデルが256GBのSSDを搭載する。

 その他のスペックは各モデルは共通。メインディスプレイはQHD(2560×1600ピクセル)の10.8型IPS液晶で、解像度が向上し、タッチ操作やペン操作にも対応した。

 サブディスプレイはフルHD(1920×1080ピクセル)の電子ペーパーで、タッチキーボードとしてだけではなく、メモ帳やリーダーとしても使える。タッチキーボードは「日本語」「米国英語」など複数の配列に対応。配色(黒基調と白基調)やタッチパッドの形状から計4種類のデザインを用意している。メモ帳に書き込んだ内容は、クリップボードを介してWindowsアプリに貼り付けることもできる。

キーボード キーボードモード(画像はUS配列・黒基調のモダンモード)
電子ペーパーに書き込み 電子ペーパーに書き込む図。書き込み内容はWindowsアプリにペーストできる
電子書籍を読む 電子ペーパーで電子書籍を読むこともできる

 外部ポートは、電源端子とデジタル音声入出力を兼ねるUSB 3.1 Gen 1(USB 3.0) Type-C端子を本体左右に1つずつ備える。右側の端子はアナログ音声入出力にも対応している。「Dolby Atmos」のステレオスピーカーも用意している。バッテリーの連続稼働時間はWi-Fiモデルが約11時間、LTEモデルが約10時間(いずれもメーカー公称値)となっている。

 ボディーカラーはIron Gray(アイアングレー)のみ。サイズは260.4(幅)×179.4(高さ)×9.9(奥行き)mm、重量は775g(Wi-Fiモデル)または799g(LTEモデル)となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう